2009年03月06日

バシル・スーダン大統領への制裁は不可能か

ICCのバシル・スーダン大統領への逮捕状が発行されました。が、これは形式に過ぎず、国際社会のスーダンへの働き掛けは無力だろうと日本国内では言われています。

だが

  本当に

     そうなのか?

昨年末にNYT紙の名物コラムニスト、N・クリストフが(スーダン・ヲチャーにとっての)大スクープをすっぱ抜いた「オバマ次期大統領(当時)が、スーダン・ダルフールでの虐殺を止めたいと考えるならば、あれこれと考える必要は 無い…」から始まるコラムの抜粋を載せておきます。昨年末に既に読んだ方は申し訳無い。

A New Chance for Darfur

・米国務省は2004年にスーダン攻撃の計画を策定済
・首都ハルツームで全ての通信を遮断できる妨害電波
・原油積出港ポートスーダン近海への米軍艦艇の派遣、臨検。必要ならば港湾封鎖
・ダルフール上空を軍用機飛行禁止とした国連決議案を遵守させる為の哨戒飛行と実力行使
・スーダン軍ヘリを目標とした空爆。必要ならばスーダン空軍全てを目標とした空爆
・南スーダン政府への地対空ミサイルの供与

以上の実行を、ウィリアムソン米スーダン特使は、2008年に米政府に求めたがブッシュ政権、 正確にはライス国務長官とハドレイ国家安全顧問が、これを却下。

 
posted by ナナシ=ロボ at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | スーダンを見つめて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする