2009年04月04日

飯岡FPS実験施設への疑問と香織ちゃん、お疲れ

存外に笑われたな。べらぼうに笑われたな。 中川朦朧会見事件に続いて、日本のメンツがボロ雑巾のようじゃないか…

と言いたい所だが、欧州のニュースはG20大批判大会反省会絶賛開催中、アメリカは乱射事件一色なのでセーフ。早急に不備を改善して「本番」では、このような事の無いようにして貰いたいもんです。

けど、俺、また繰り返すような嫌な予感がすんだよなー。いや、ちと信じ難い連絡ミスじゃなくて、その根っこ。J/FPS-5レーダーが「日本海上空を飛翔する物体を捉えた」って方。

これ、要するに「間に日本が有ったから」でないの?

fps.JPG図の赤丸は、J/FPS-5レーダーの配備予定地。青丸は、今回ヤっちまった実験施設の場所。フェイズドアレイだ、DBFだと小難しい理屈はよく判んねぇけど、「見張り」の役目なんざ大昔から変わってない。「より早く」敵を見つける事だから、出来る事は二つ。

・見通しの良い所で見張る
・高い所で見張る

実際、配備予定地もそうなってる。見通しの良い海の近く。しかも、山のてっぺんとか。


一方、今回の実験施設も条件は満たしてる。海の近くの高い所。成田や百里も近くにあって、バンバン飛行機、そばを通るから実験データも取り易い。問題は見通しの良いのが、まずミサイルの飛んでこないだろう太平洋側って事。だから、この実験施設は解体される事になってた。けど、配備が始まるまでは、無いよりマシだろうと残された。

けどさ。やっぱ使えねぇんじゃねぇの、これ?いや、J/FPS-5の性能を疑ってんじゃなくて、その運用。実験施設から北朝鮮のムスダンリまで線ひっ張ってみたけど、日本アルプスもろ被りじゃんよ。どんな高性能レーダーだって土、貫通して見通せる訳じゃないから探知できるのは、ミサイルが日本アルプスの向こうに頭出してから。それ、ミサイルの高度がだいぶ上がってからでしょ。しかも、複雑な地形の地面ギリギリの所を見張ってればクラッターだのバシバシ拾っちゃわない?

運用実験を続けるのは良いとしても、「実戦」である今回のテポドン発射に関しては、実験施設は無いものとしてシステム組んだ方が良いじゃねぇのかなぁ…と考えた俺は、検証を求めて「テポドン発射延期とミサイル情報誤報@週刊オブイェクト」にトラックバックを送るのであった。あそこに送っておけば軍ヲタ(お世話になってまーす)の目に留まるだろう(笑)

一方、ここの所、俺絶賛求婚中の香織ちゃん@産経新聞が、ちょと面白い試みをしていた。
「きょうはテポドン・リアル更新終了1709@北京・平河趣聞博客」

けど、今、これやるんならTwitterだよね?(苦笑)
次回は、ご検討ください&お疲れ様という事で、こちらにもトラックバック。
 
posted by ナナシ=ロボ at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする