2009年06月19日

魂消ちゃうね、どうも(苦笑)<コラム「太宰の死と禁断の恋」

心中の相手、山崎富栄は戦争で夫を亡くしていた。その限りで恋愛は自由であった。しかし戦後間もないころだ。国のため家族のために死んだ夫に、操を立てるべきだとの空気が社会にあったことは容易に想像できる。太宰にとっても富栄にとっても「許されぬ恋」だったといえる。

しかし、太宰はそれを真っ正面から受け止め、最後は「情死」を選んだのである。


「真っ正面から受け止め」って、どこの平行世界の太宰治だよ(苦笑)
生誕100年とかでダザイダザイと姦しいが、作品に目を通してるかどーにも怪しいのまで何やら語っちゃったりしてねーか。産経新聞くらいデカい新聞社、たくさん人も居るだろう。他に誰か居なかったのかね。
 
posted by ナナシ=ロボ at 16:19| Comment(2) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする