2009年07月28日

たった幾つかの冴えない解決策<低収入低学歴「負の連鎖」

むぅ、「解決策」に「やりかた」とルビを振る事は出来んのか。

「よく『貧乏でも努力すれば何とかなる』という人がいる。もちろんそういう人はたくさんいるが、家に机もないような状態で努力しろといっても厳しい。働かないことが当たり前のような家庭に育った子供に、夢や希望を持てというのは無理な相談でしょう」。

大阪市内の区役所で生活保護を担当するケースワーカーの女性職員(51)によると、生活保護世帯の中には保護費の支給日を「給料日」と呼ぶ家庭があるという。親が子供に「きょうは給料日だから」と話し、子供もそう思い込んで育つ。ある時、それが決して親が働いて得た金ではないことを知る。

「知った時にはすでに同世代の子供は進学塾へ通い、逆転不能にまで差が開いている。子供たちは貧困から抜け出そうとか、まして将来、親よりいい生活をしようなど思いも寄らなくなっている。社会に対する無気力な気持ちが、世代を超えて連鎖してしまっているのです」

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<ナポラとかアドルフ・ヒトラー・シューレとか
 
posted by ナナシ=ロボ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | このくにのすめら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする