2009年11月19日

面白そうな新連載コラム「未来世紀ハママツ」

207510.jpg
未来世紀ハママツとは、管理社会の恐怖を描いた奇才テリー・ギリアム監督の名作「未来世紀ブラジル」をもじったものです。自由で豊かな普通の生活が、「ブラジル人」という属性を持っているだけで、まっさきに崩壊していくという恐怖都市になってしまったハママツ、という皮肉をこめて名付けた連載タイトルというだけではありません。日本は空前の少子化となり、外国人移民を受け入れ、共存をしなけれならない時期にきています。しかし、この現実を直視しないのが“スタンダード”になっています。

そのなかで、ハママツは、日本国内で移民問題のその最先端を走っている都市。ハママツでいま起きていることは、数年先の未来に、日本国中で起きることなのです。いわば「未来世紀ニッポン」を先取りしているのがハママツ。そのハママツの変化を、この土地で暮らす人間がレポートするのがこの連載です。

コメント欄まで含めまして、さて、どうなるどうなる。

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<あ、「日本は空前の少子化となり、外国人移民を受け入れ、共存をしなけれならない時期にきています」という前提条件が、そもそも間違っているのだと仰る方は、代替案など教えていただければ幸い。
 
posted by ナナシ=ロボ at 03:41| Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。