2009年01月23日

「ブサヨ突っ込みコメント・TB保管所」への回答・しょの2

経緯を無視するということに対する批判はわからんでもないが今現実に起こっていることのほうが重要な気がします。

歴史に対して無知である事で、国が良くなった例なんか有りませんよ(苦笑)
現在、米国にとって、日本が最も強固な同盟国だから太平洋戦争を政策決定のファクターから外して構わないだろう…なんて理屈が成り立たないのと一緒です。未だ日本に根強く残る核アレルギーの原因が不明のままになってしまうでは有りませんか。外交上のいわゆる「歴史カード」に対して、無視か反駁か謝罪か、どれを選択するにも歴史に無知では、どうにもなりません。
ある意味恐ろしい話ですね、(難民と不法滞在民の区別が)時の政府のさじ加減でどうとでもなるとは・・・。

ぜんぜん恐ろしかないです。世界中で当たり前のこってす。貴方、時に口が悪ぃ割に純情ですね(笑)
この問題に関しては、以前に「UNHCR難民認定のクルド人、強制送還-2、質問に答えて(2005年01月28日)」という記事で、主に人権意識の強い欧州での難民に対するダブル・スタンダードに触れています。お気が向きましたら、どうぞ。
ではやはり「不法滞在」と「難民」を使い分けるマスコミは勉強不足なのかミスリードかのどちらかということなんでしょうか?

以前ご紹介戴いた記事に限るならば、まあ無知でしょな。
よく共産趣味者が言われる「マルクスがいうところの共産主義を実現したところは無い」というのと変わらないと思うのですが?あと地域によって主義主張に差があるのはわかりますが「毛沢東思想」には必ず「虐殺」がくっついているのは偶然なのでしょうか?
もちろん現在のネパール共産党がそれを実現すればまだ道はあるかもしれませんがどうでしょうか?オイラは否定的ですが希望はあるのでしょうか?

さあ、どうでしょう?俺は、共産主義を今の人類が使うには立派過ぎる「道具」だと思ってますんで、どこに持っていっても失敗するんじゃないですかね(苦笑)

ところで、俺が説明してたのは以下の二点でした。

・毛沢東主義が「先富主義」と矛盾するので現在の中国ではタブーとなっている事
・ネパール毛派の主張は、毛沢東が掲げていたそれから更に先鋭化した農村主義であり、現中国は全く受け入れられない物である事

それが、なんでいきなり共産革命「成就」の可能性の話になっちゃってるんでしょか(苦笑)

えー、次。バクチの話は、お断りされたんで、そんで良いとして。
中国は先進諸国には取れない強力な(強権的な)経済政策で、今回の世界的経済危機を乗り切ろうとし、それは、かなりの部分、成功を収めると思っています。

個人的にはこれでエントリーを一本書いてもらえることを希望します。具体的にどのようなことか知りたいので。(中略)どうしてもネガティブな情報しか見えないもので・・・。

あー、俺、算数も怪しいし大したこと書けない書けない。ぶっちゃけ「具体的にどのようなこと」なんてないもの(笑)
もし「根拠」になるとすれば、「ソビエト」という国を30年近く見てきた勘つーか匂いだねぇ。けど、俺、かなり自信あるんスよ、バクチのネタにする位にね(笑)

最後に老婆心ながら。
もともとここのblogって自分たちマンセーしかせずに逃げ回る連中をからかって遊ぶ為に作ったのだが最近やりとりしているところはそうではない律儀な人が多いのは何故だろう?

ウンコ突ついてると思わぬ所から苦情きたりもするって言ったじゃないですか。「自分たちマンセー」にしろなんにしろ世界に向けて情報発信してれば、ある日、突然「からかって遊ぶ」者が現れたりもする。形式的には、今までブラックボックステスターさんが、他の方におやりになってきた事と全く同じ事が起こってるだけなんじゃないでしょか。もちろん俺は、苦情を言ったつもりも、からかったつもりも無いですけどねん。
 
posted by ナナシ=ロボ at 22:02| Comment(4) | TrackBack(1) | アジア・忘れられた場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみませんねぇまいどお手数かけまして。
かいぎられた時間なんで手短に
エントリーの内容についてはほぼ同意です。
ただオイラの文才が無いのが原因か内容が
あさっての方向に飛んでたり誤解を招いている
らしい部分があるようなのでそこんとこを追加のエントリーにしようかと思っております。
Posted by ブラックボックステスター at 2009年01月25日 22:58
┏┫ ̄皿 ̄┣┛<アィアィ
ブラックボックステスターさんの宜しい様になさって下さい。くれぐれもリアル優先で無理などなされませんように。
Posted by ナナシ=ロボ at 2009年01月25日 23:25
アフリカスレから流れてきました。
アフリカとは関係ないですが、ちょっと気になった箇所が会ったので。

>毛沢東主義が「先富主義」と矛盾するので現在の中国ではタブーと〜
思想や政策の是非は別として、これについては認識に誤りがあるかと
思います。中国も地方によってバラつきありますから、別にタブー
ではない感はあります。

たとえば河南省の南街村とかは毛思想による集団主義で徹底的にやってて
村内では個人商店や市営企業が禁止(カラオケ店すら禁止)。
「毛沢東思想万歳」と書かれたスローガンが町中に掲示されて、
ひと昔前の中国みたいな感じになってます。
ここや似た地域は「南街現象」とかでニュースにもよく取り上げられるので
町の風景やそういう方向に走った経緯・それが可能になった中央と地方との
関係変化の理由とかは、ググれば動画や記事が出てくると思います。

党中央にとっても「先富主義」の次のタームとしての「調和社会」の
モデルとして都合がいいのか、中央の党員も含めて年間40万人規模の
見学者が訪れているようです。中国は物凄い不況だから今はもっと
増えてるかも。

>中国は先進諸国には取れない強力な(強権的な)経済政策で〜それは
>かなりの部分成功を収めると思っています。
先進諸国には取れない〜の一部は同意ですが、失業数や倒産件数などの
数字を思うとやっぱりこれも微妙な部分もあると思います。
もっとも成功の基準は人それぞれなので、共通のものさしと数字で
語らない限りは完全な正解やコンセンサスは出ないとも思いますが(
ぶっちゃけソマリア並みでもヒャッハーで満足してる住民を探して
サンプル取れば成功と言ってしまえるし、逆に先進国でも満足して
ない層を探して出せば失敗という認識になる)。
Posted by 通りがかりですが at 2009年02月09日 09:58
>通りがかりですがさん

┏┫ ̄皿 ̄┣┛<ドモですドモです。ご返事、長くなりそうなので別に記事を起こすです。
Posted by ナナシ=ロボ at 2009年02月10日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113058773

この記事へのトラックバック

昭和のプロレス後始末(?)
Excerpt: 決して仕事の負荷が落ち着いたわけではないのだが一応今日でくぎりついた 物があったのでさっさと帰宅したので溜め込んだレスを行おうかと。 というわけでナナシ=ロボさんへのレスエントリーについてのお返しを..
Weblog: ブサヨ突っ込みコメント・TB保管所
Tracked: 2009-01-29 22:24