2004年11月26日

「黒海動乱」、その序

EUのバカチンどもが。
放ったらかしときゃ、なんとか安定してる所に「選挙監視団」なんて余計な物、送り込んで波風立たせやがって。ボスニアの時だって、チョッカイ掛けていざ揉め出したらケツ捲くっただろーがよ。どーすんだ、これから。EU内の旧共産主義東欧圏とロシア西方辺境を併せて懐かしの大ポーランド帝国でも作んのか、どつくぞ、コラ。

日米もボーっとしとらんと、プーチン応援したれよ。ウクライナが汎スラブ圏から離れれば、ヨーロッパとロシアが直接国境を接するんだぞ。ああ「東方政策」や「我らがレーベンスラウムの拡大」再び。


俺達は、近い将来、動乱の舞台として「ウクライナ」「コーカサス」を記憶する事になるだろう。そして、欧露の伝統的対立の再開が決定的となった地名としても。
そう、母なる大地・ロージナを根本から揺るがす出来事は、いつも冬に始まるのだ。
posted by ナナシ=ロボ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシアと旧ソ連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1146903

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。