2009年03月14日

他人の褌:TICAD4シンポ

感染症展に行った方から次々コメントを戴くという嬉しい誤算で記事が長くなったので分割、分割〜。

外務省主催・TICAD IVフォローアップ・シンポジウム
〜スーダン、そしてアフリカにおける平和と安定の推進に向けた我が国の取組み〜

779 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/03/11(水) 23:57:58 ID:?
シンポジウム行ってきたが、目新しい事はなかった。
基調講演を要約すると
「たくさんの援助ありがとう。CPAもちゃんと進んでます。さらに進めるためにもっと援助をお願いします」
南スーダン地域協力大臣の話なんて中身が殆どなくて
「日本大好き!スーダンは良いところで油もあるよ。だから国連経由じゃなく直接援助をたくさん下さい」
程度の内容を長々と持ち時間オーバーする程話してたわ。人道援助削っていいから開発援助増やして欲しいとはっきり言ってたのは笑ったがw

国民投票についても
「現在国勢調査中で正確な人口も分かってないし、北部との境界も決まってないんで具体的な日程は分かりません。でも絶対やるよ。」
との事。
もうこれ無理なんじゃね?



782 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2009/03/12(木) 00:14:49 ID:?
>>781     
残念ながら神戦車(注)の話題は…
ソマリアの海賊の件もパネルディスカッションの話題に出てたんですけどね。

関係ないですが、AUの安全保障局長が質疑応答の時にウガンダの代表に
「ソマリアにはいつ派遣すんの? 金ないの?」って突っ込まれて
「人員は出せるけど資金がないので今は無理。日本の皆さん援助よろしくね」
と正直に答えてました。

※注
ネットの一部ではロシア製戦車T-72を神体とする宗教がある(もちろん冗談)
「神戦車の話題」とは、昨年末にウクライナからケニアに輸出されたT-72などの兵器を積載した輸送船がソマリア沖で海賊に乗っ取られた事件(今年に入り解放)。兵器は最終的にはケニアから更に南スーダンに密輸される疑いや南スーダンが、以前からケニア経由で兵器を密輸入していた疑いが濃厚との報道がなされた。




785 名前:712[sage] 投稿日:2009/03/12(木) 00:51:52 ID:???
SPLAが正規軍化するとともに拡大し続けていて、しかもCPAの軍事関係の議定書はあまり守られていない、という程度の話ならあった。
SPLAは将校を減らしたいらしいが、そんなにうまくいくのかなあ。

>>782
質疑応答でも選挙ちゃんと(中立公正に)できるの?っていう質問があったが、国連の人は「スーダン人が決めること」って言ってさらりと流し、スーダンの人は「国勢調査と境界線確定が必要だよ。まだできてないけど。でも選挙は予定通りやるよ」って言ってた。

南スーダンの国民投票については、南スーダン、AUとも「分離独立しないように努力します」って言ってたな。
本当かどうかは知らんが。

あとは、ケニアの情報通信大臣が、ICCによるバシル訴追に関して、非常にsensitiveな問題だとしながらも、
「ケニアの政治家にもそれなりに問題があるから、ICCに呼ばれる場合もあるかもしれない」と話していた。

AUの安全保障局長は話し方にメリハリをつけていて話し上手な感じだなあと思っていたら、資金援助の話で「私たちは多くの時間をこんな風にあなたたちのような人に向って笑って話すことに費やしている」って言ってたな。

まあ全体としては>>779が言うように「お金がないからもっとくれ」っていう主旨の話がアフリカの人からはあった。

会場の入りは280人くらい入るところ(たぶん2階も入れればもう少し入る)で、午前4〜5割、午後3〜4割くらい。

前列にはアフリカ各国の関係者がたくさんいた。
あと休み時間に「日本のスーダン関係者はほとんどここにいる」みたいな話をしてる人がいたが本当かな?
若い人もそれなりにいた。

時間は冒頭の外相からしてオーバーしまくり。
昼休みで多少調整した後も押し気味だった。

自分にとってはこういう講演会は初めてだったから新鮮だった。
ただもう少し睡眠を取っておけばよかったorz

posted by ナナシ=ロボ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アフリカ・忘れられた場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115869559

この記事へのトラックバック