2009年05月18日

なるほど、日本は発展途上国であったか

発展途上国を見てきた筆者の目には、今回の党首はパキスタンやインド、インドネシアにそっくりに映る。パキスタンの故ベナジル・ブット女史、インドのソニア・ガンジー国民会議派総裁とその長男ラフル・ガンジー、インドネシアのメガワティ・スカルノプトリ女史…。生まれ育った家庭環境が常人のそれと全く異なる特殊な人々だ。

「我が家はこれをやった、みんなのためにこんなに尽くした」と訴えた故ブット女史とソニア総裁。「平和を」とだけ声を張り上げて、大統領選挙で勝ってしまったメガワティ女史。ファミリーネームを取ったら何も残っていない人たちだ。鳩山氏も同様である。


い た く 得 心 し た 。

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<鈴香ちゃんのソマリア・シリーズ読んでない奴は、鈴香ちゃんへの批判的コメント禁止(笑)
posted by ナナシ=ロボ at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主主義に移行して高々50年の発展途上国ですが?

経済一流、政治三流 という使い古されたフレーズもありますな。そろそろ一流の方も怪しくなってきたけど
Posted by おっさん at 2009年05月19日 04:58
┏┫ ̄皿 ̄┣┓<なるほど、俺は思い上がっていましたか(笑)
Posted by ナナシ=ロボ at 2009年05月20日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119763041

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。