2009年07月25日

下衆な記事、書いてんじゃないよ

【都市伝説を追う】有名候補者、又吉イエス代表の素顔に迫る “唯一神”のすべてが明らかに

又吉代表が代表を務める世界経済共同体党の事務所は、針灸院やもんじゃ焼き屋などが入居する雑居ビルの4階にあった。

暗く狭い階段を上る。「地獄の火の中に投げ込まれるようなことになったらどうしよう」と緊張しながらドアをノックすると、又吉代表の妻、正子さん(62)が出迎えてくれた。

12畳ほどの部屋の真ん中にある簡素な応接テーブルに案内されると、唯一神が自ら扇風機をかついで向きを変え、「冷房の効きが悪くて申し訳ありません。風は来ますか」と気遣ってくれた。とりあえず火あぶりは避けられそうだと一安心した。

おめぇ、取材してた時、本気で「地獄の火の中に投げ込まれ」たり「火あぶり」を心配してたか?こういうオチャラカシは弱者が強者に対して行うから面白いんであって、天下の大新聞・産経が選挙で負け続けるビョーキ寸前の人に対してやってはいけない。

俺も、沖縄時代のエピソードには、なにやら胸苦しくなって、一読、部屋の中をウロウロと歩き廻ってしまっただけに要らんオチャラカシが一層目に付いてしまった。良い記事書ける記者っぽいから、しっかり指導して下さいよ(苦笑)>池田さん
posted by ナナシ=ロボ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネタパートから入ってシリアスパートにもってく一つの手法ととれなくも無いような…?
自分は結構読ませる良い記事だと思いましたよ
Posted by 四等兵 at 2009年07月31日 23:11
┏┫ ̄皿 ̄┣┛<ウン
総体としては、結構いい記事なんスよ。だからこそオチャラカシが気になってしまって。
Posted by ナナシ=ロボ at 2009年08月01日 02:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124265832

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。