2004年12月18日

宣仁親王妃喜久子殿下薨去

takamatu

謹んで哀悼の意を表します。

画像
前=宣仁親王妃喜久子殿下、
後=徳川家十五代将軍慶喜候(殿下御祖父)

やっぱダメだったかー。足の骨ボッキリやって車椅子になってからは、一気に老けた感じだったから、こらヤバいかなーとは思ってたんだけど。

旦那がおっちぬと活き活きとしてくる奥さんてーのは多いが、この人も典型だったよなー(苦笑)。
癌撲滅団体の理事やったのは、かーちゃんと旦那を癌で亡くしてるのも有って担ぎ出された面も有ったけど、結構マメに顔出してたし。

宮内庁の反対押し切って本も出したしなー。「菊と葵の物語」の中の「天皇家に嫁いで来た者達で集まった時に『あら、賊軍の家の出ばかりね』と話していました」(記憶のみで書いてます)つーのはゲロ笑ったぞ(笑)。
愛子親王がお生まれになった時、「婦人公論」に「一姫二太郎の期待が強すぎてはいけない。女性天皇に沿う形で法を変えられないか」と寄稿して、皇族で初めて皇室典範の改正に言及したのが有名だけど、その前後に「雅子様は、きっと私の期待(=次は男の子を産む)に応えて下さると思っています」と書いてたんだよな、食えねぇばっちゃん(敬称)だ(苦笑)。

しっかし、紀宮殿下のご婚約発表は今日だと決まってたのに、なにも、その日に死ぬ事はあんめーよ(苦笑)。あれか?本家の嫁がしょせん「粉屋の娘」だったのが気に入らなくて、コージュンのばーちゃん(最大級の敬称)と一緒にイビり倒してたつー噂は根強いし、楽しみにしてた本家の孫、小役人に降嫁するの気に入らなくてイビり収め?(苦笑)。

まあ、ともあれ俺、ばっちゃんの事、嫌いじゃなかった。ゆっくり休んでくんねー。
posted by ナナシ=ロボ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(2) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1329150

この記事へのトラックバック

紀宮妃婚約会見延期…テレビへの影響
Excerpt: 高松宮妃喜久子さまが亡くなられたことに伴い 紀宮さまの婚約内定の正式発表が延期されましたが, それによる各局の婚約会見生中継の番組変更は次のとおり… 日テレ( 13:30〜15:25) 報道特捜プロ..
Weblog: D.D.ノタワゴト・大奥〜第一章〜最終回スペシャル三昧
Tracked: 2004-12-18 19:19

高松宮妃喜久子殿下権舎一周年祭in高松宮邸@東京都港区
Excerpt: 高松宮妃喜久子 権舎一周年祭in高松宮邸 訪問日:2005年(平成17年)12月18日 所在地:東京都港区 最寄駅:白金高輪駅・泉岳寺駅 地図:マピオン ●皇室祭祀令(明治41年 皇室令第1号) 第..
Weblog: あきつしま
Tracked: 2006-01-15 19:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。