2009年11月27日

産経が、やっとこさ正気を取り戻してきた…と思ったら甘かった(追記あり)

【事業仕分け】GXロケット廃止、財務省が事実誤認の資料 過大な税金投入額…ミスリードか

これ、たぶん産経のスクープだべ?他の「仕分け」関連のニュースも、なかなか読ませるし、やっとこさヒステリーが治まったか。よーし、よしよし。

「体制」がひっくら返ったなら、言論の「反体制」側も逆転するは自明。「権力の監視」も報道の重要な使命なんだから、頑張ってちょーよ。
[ここ迄2009-11-26 02:18]

---------------------------------------------------------------
「産経新聞のヒステリー」って記事を探したが見当たらないと思ったらmixi日記だった。やっぱ俺みたいな、ちゃっちゃか書き殴るタイプに二頭立はアカンな(苦笑)

つー事でblogに再録。せーけんこーたいを生んだ総選挙投票日の一週間前、まるで「産経下野なう」を予想した様な日記だと自画自賛(笑)
産経新聞のヒステリーがひど過ぎる  2009年08月23日00:13

2ちゃんねるN速+やmixi日記あたりでギャーギャーわめいてる連中と、精神状態一緒じゃねぇか。「反権力商売」とは言いたくねぇが、時の権力を監視、批判するのも「言論機関」の重要な仕事。政府が自分達の主張と大きく隔たる政党に変わりそうなら、むしろ張り切るのが本道であって、現与党に未練たらたらの記事ばっかし書き殴るなんぞダダこねてる幼稚園児と変わんねーぞ。

それとも、アレか。「正論路線」(バーカw)を掲げて半世紀、たかがここ10年くれぇ、テメェの主張と近い政府が続いたんで舞い上がって権力からズレるの怖くなったか?だとしたら惰弱に過ぎる。

m9┫ ̄皿 ̄┣┓<淫奔な世情からズレるを怖れず純潔を守る某板の童貞青年を見習わんか!(蛇足)

[ここ迄2009-11-26 05:20]



…と幾らか見直したと思ったら、この始末(苦笑)

【金曜討論】生活保護の「母子加算」 大月隆寛氏、川内博史氏

産経新聞は、生活保護の「母子加算」には否定的と思っていたが間違ってたか、俺?否定側の大月の論拠が「お上の世話にならないという」「自立心」て。心意気でなんとかなるんなら社会福祉とか要んねぇーだろよ(苦笑)

「母子加算」復活派の民主・川内の論も荒っぽい事この上ねぇが、全体の印象としては大月コテンパン。テメェが応援してる側に畑違いの寝言語り連れて来てどーする。それとも福祉削る側だから、印象悪いと思って皆して腰が引けて、結果として大月にお鉢が回ったか。だとすると「保守」の言論は痩せこけてるねぇ。ああ、嫌だ嫌だ。いっそ、ここを排外主義とか高らかに唱えるblogに衣替えしちゃうか。やんないよ。
 
posted by ナナシ=ロボ at 16:53| Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、アサヒに突かれたり、現政権には味方がいない印象がw
Posted by 名無し at 2009年11月26日 04:25
うーん、この記事もどうかと思う部分はいくつかありますけどね。
例えば安全保証分野での活用というのは、GXに継続して予算を投入しようとした議員の決まり文句だったわけでして。
そしてGXの開発が日本の宇宙開発史上稀に見るgdgdに陥っていたという事実には大して触れない。
宇宙スレあたりでは「もしGX復活したらどうすんや!」と悲鳴が上がること必至でありましょう。

スパコンもそうですが、その事業の現状や過程をしっかり見直すことなく「科学技術が遅れたらどうするんだ」という視点のみで語る「仕分け事業を見直すべき」という論調がここ数日で一気に増えたような気がしまする。
Posted by 三等兵 at 2009年11月26日 07:53
>三等兵さん
こまけぇ事は(ry
いや、本当に細かいこと気にしだすと切りが無いですし(苦笑)まあ、日本で唯一の「正論」(プゲラ)「保守」を自認する新聞ですからね。多少なりと正気を保ってて貰わんと。バランスが悪いですから(笑)

> ここ数日で一気に増えたような気
「ふっかつせっしょー」「だいじんせっしょー」前の各省庁番記者、族記者の援護記事乱れ撃ち。いつもの予算編制時の景色ですわいねぇ(笑)


>名無しさん
いいんです。時の政権とマスコミは対立するくらいでないと。いよぉ「第四権力」(笑)
Posted by ナナシ=ロボ at 2009年11月27日 17:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133917194

この記事へのトラックバック