2004年12月20日

memo:ホンジュラス

 

武装集団が公共バスに無差別発砲、中米ホンジュラス
警察当局によると、同国北部の都市で23日夜、武装グループが公共バスに無差別発砲、少なくとも乗客23人が死亡、16人が負傷した。犯人グループの背景は不明だが、「死刑制度に反対する革命組織」とのメモが犯行現場に残っていたという。

地元メディアは、同国の議会指導者あての文書が発見された、とも伝えた。

警察によると、事件に関連し、地元の犯罪組織の構成員1人を逮捕、短銃などの武器類を押収した。犯行に使われた車両と似た車を運転していた。この犯罪組織は、住民に「保護代」などの名目で金銭を強要していたという。

事件現場は、首都テグシガルバから北へ約200キロ離れたところ。

posted by ナナシ=ロボ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 中南米・忘れられた場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1346198

この記事へのトラックバック