2004年12月27日

memo:ザルカウイ/アンサール・スンナ

 
ザルカウィ幹部の側近2人を拘束 米軍
米軍発表によると、海兵遠征隊は12月に入り中部ラマディと西部アンバル州で、武装勢力の掃討作戦を展開。その中で8日に、アブウバイダことサレ・アルガヤン・ハリル幹部を拘束し、12日にアブハッタブことバッシム・モハマド・ハジーム幹部を拘束したという。

米軍によると、2人は「ザルカウィ系列のハルーン・テロネットワーク」の「細胞」を指揮する幹部だという。

--------------------------------------------------------------
高い組織力、計画性 謎のアンサール・スンナ軍
米軍基地を自爆攻撃し、米兵ら22人を殺害した際の映像を26日、ウェブサイト上で公開、高い組織力、周到な計画性を見せつけたイスラム過激派「アンサール・スンナ軍」。国際テロ組織アルカイダとの関係も指摘されている
(中略)
アンサール・スンナ軍は選挙や民主主義を「無神論的」として否定、イスラム教に基づく国家を理想
(中略)
スンナ軍は昨年9月ごろ、イラク北部を拠点とするクルド人中心のイスラム過激派アンサール・イスラムから分かれた。

posted by ナナシ=ロボ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(1) | イラクと周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

イラクで日本人拘束 - アンサール・スンナ軍
Excerpt: Sankei Webイラクの武装勢力「アンサール・スンナ軍」を名乗るグループが...
Weblog: GARAKUTA ICHI
Tracked: 2005-05-13 06:32