2005年02月05日

W杯アジア最終予選、対北朝鮮

W杯アジア最終予選の組合せが決まった時から書こう書こうと思ってたのだけど、なんとなく伸びてしまっていた。

さて、今度のW杯アジア最終予選対北朝鮮戦、俺は、表向きは心配、ぶっちゃければ楽しみにしている。
と言っても、別に平嬢アウェイの試合の事ではない。かなりの数の日本人にショックを与えたらしい中国・重慶でのアジア杯とて、中国当局の警備体制その他に決して落ち度は無かった。

日本人サポーターに投げられたペットボトルが当った?
中身の入ったウィスキーの瓶(もちろんガラス)や鶏や豚の生首など「そんな物、わざわざ用意して来たのかよっ」と別な部分にツッコミ入れたくなるような物が投げ込まれたりはしなかったじゃん。
試合後、中国人サポーターが騒いで中々スタジアム外に出られず、ホテルに帰るのが深夜になった?
いいでしょ、スタジアムに火を付けられて外に出られずにそのまま焼け死んじゃったとか、ホテル帰る途中のバスに火炎瓶で投げ込まれたとか、帰ったらホテルが焼き打ちに遭って無くなってたとかじゃなかったんだし(因みに全部、過去の世界各地でのW杯予選での実話)。

北京五輪を控えてるとは言え、それ以上にメンツを重んじる中国政府としては、暴動による外国人サポーターの死傷者など有ってはならなかった。それは「小中華」を自負するハングル民族も同じ。特に心配する事は無い。

では、何が心配で楽しみなのかと言うと、第一には日本国民の応援の形と度合い。
国民の大多数が、ゆるやかには反感、人によっては激烈な憎悪を抱く国とスポーツで対戦する。俺が思い付く限りでは、戦後こんな例は無い。東京五輪女子バレー決勝・日ソ戦が辛うじて相当するかとも思ったが、あの頃は「きょーさんしゅぎ」や「しゃかいしゅぎ」大好きでソ連も好きだった人は、まだまだ居た。

まず、2/9の日本国内の試合で「自国を応援する」という真にスポーツマンシップ溢れる形だけでなく、「敵国をクサす」というのが出て来るのか。出て来るなら、それは現在、最も判り易い「日本人拉致」という問題とリンクした形になるのか。試合もさる事ながら垂れ幕その他や試合前後のサポーターの発言が楽しみで仕方が無い。ええ、下品ですみませんな(苦笑)。


第二の心配は、もっと下品極まりない妄想に近い物。
いわゆる「在日朝鮮人」がヤラセで、反北朝鮮暴動をスタジアムを演出せやせんかと。
さすがにこっちは「楽しみ」にはしていない。

ちょっと待て、ナナシの極右的姿勢は常々知っているが、それは妄想が過ぎやしないかと言う人が居るかもしれない。
そう言う人には、逆に問いたい。
「テポドン」の日本上空通過や拉致問題が報道される度に、朝鮮総連等の北朝鮮関連団体から幾度も繰り返された「差別犯罪糾弾発表」。曰く、登校する途中の朝鮮学校女生徒は刃物をちらつかせられた、男子学生は頭にワンカップの瓶をぶつけられた、チマチョゴリを切られた…等々。在日朝鮮人人権協会によると2002年9月17日の日朝首脳会談以降4ヶ月間で全国での朝鮮学校生徒への嫌がらせは319件だそうだ。チョゴリ切り裂き事件も一件起きている。

だが、民族憎悪を動機として朝鮮学校生徒へ暴行や傷害を行い、有罪になった人間を俺は一人も聞いた事がない。それはどうしてなのだ?と。

なるほど、日本の警察の検挙率は下がっている。中には犯罪と呼べるのか微妙な物も有るだろう。「朝鮮人など何をされても当然だ」と考え、捜査を放置するクズみたいな警察官も居るかもしれない。

けれど、こんな事例は有るのだ。

朝鮮総連脅迫の男を逮捕・広島
広島東署は8日、脅迫の疑いで、広島市安佐南区大町東2丁目、タクシー運転手宮原久男容疑者(51)を逮捕した。
調べでは、宮原容疑者は昨年11月27日、同市南区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)広島県本部 (金鎮湖委員長)に2回電話をかけ「今からおまえの所にダイナマイトを持っていく」「ダイナマイトでぶっとばす」などと脅迫した疑い。
調べに対し同容疑者は「拉致事件の被害者の子供のことを思うと腹が立ってやった」などと供述している という。

脅迫は2002/11/27、逮捕が2003/1/8。犯行後一ヶ月半での逮捕だ。女性の着ている服を切り裂いたりする行為は電話でヨタを飛ばすのよりも、ずっと重大な犯罪の筈だ。まして、法務大臣が談話を出し、マスコミが大きく取り上げ、注目されている犯罪なのだ。

なのに誰も逮捕されない。それは何故なのだ?
確かに全ての事件がデッチ上げという事は無いだろう。無言電話、脅迫メール、登校途上の生徒への罵声などほぼ間違い無く有るのだろう。だが、それの裏返しとして、朝鮮総連側の言う通りに全ての事件が存在している事も、また、無い。

事態は単純だ。情報戦なのだ。どちらが、どれだけ信じ易い材料を提供出来るかなのだ。
マスコミが集中し、生中継も行われる中、世界に向けて誰疑う事無き日本の悪行を喧伝出来れば、拉致問題で大きく押し込まれている北朝鮮にとって、これ以上無いほどの外交上の得点となるだろう。起きる事件の規模と波及の大きさでは、6カ国協議をも揺るがしかねない。

願わくば、二つとも妄想のまま終わらん事を。
posted by ナナシ=ロボ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 少し静観しつつ誰か反応するかな〜?
なんて思っていたんだがw
誰も反応しね〜・・・

 さて・・・まずは一つ気になった事・・・
朝鮮学校の児童への嫌がらせの有無についてだが、
これは残念ながら実際に確認されている。
ただ、それが未成年者による犯行が多いのと、
地域的に限られている事、
それによって事件として公にされていない場合が多々ある。
また、過去からそのような現実に直面してきたケースが多く、
いわゆる泣き寝入り状態なのが現状。
この辺は、表に出てこないからと言って安心するのではなく、
表に出づらい日本の環境を憂う方が重要だと考える。

 ちなみに、Wカップ予選への懸念については、
正直似たような仮想をしているのを明言した上で、
それでも日本人の馬鹿正直な親睦の第一歩になることを期待する姿勢が好きですw

起こりうる可能性を示唆し、それに備える姿勢は必要ではあるだろうが、
同時に、国家VS国家だけが国交ではないと信じている。
歴史を振り返れば、国家間の争いの中で踏みにじられた個人間の親睦は山のようにある。
しかし、個人間の交流が国家の姿勢を変えた例も0ではない。
その「理想」を持ちつづけたいね^^
Posted by at 2005年02月07日 16:38
ほい、一部ではヤラセではないかと囁かれるほど、毎度適切なコメントあんがと(笑)。

>朝鮮学校の児童への嫌がらせの有無についてだが、
>これは残念ながら実際に確認されている。
うん、俺も本文にも書いた様に100%捏造だとは思ってない。
ただ、94年(うわ!今気が付いたが10年も前の話だよ、若い連中とこの話題話してて、知らなくて当たり前だ[苦笑])を頂点とする「チマ・チョゴリ切り裂き事件」は、ほぼ間違い無く「作り話」だと思ってる。
なによりだな、動機に「民族差別」が有った上での犯罪なら、朝日、毎日、週刊金曜日あたりがほっときゃしないって(苦笑)。

>ただ、それが未成年者による犯行が多いのと、
>地域的に限られている事、
これ、逮捕してみたら民団(韓国)系の在日三、四世の犯行だったって事件の事ですかい?だとするとうめぇ事、逃げてやがる表現だなぁ、見習わなくちゃ(苦笑)。

>ちなみに、Wカップ予選への懸念については、
>正直似たような仮想をしているのを明言した上で、
>それでも日本人の馬鹿正直な親睦の第一歩になることを
>期待する姿勢が好きですw
「謎に包まれた北朝鮮イレブン!」だの「負けたら炭坑送り」なんつー報道の取り上げ方を見てると、確かに日本側の感情に関しては、俺の杞憂に終わりそうだ(笑)。ただし、これは、日本がほぼ勝つだろうって精神的余裕が大きいと思うんだよなー。

>歴史を振り返れば、国家間の争いの中で踏みにじられた
>個人間の親睦は山のようにある。
>しかし、個人間の交流が国家の姿勢を変えた例も0ではない。
どの辺の例を想定してるのかなー、魯迅とかならぶん殴るぞ、
おめー(笑)。
ユーゴスラビア内戦の端緒の様に、個人の憎悪の積み重ねが国家の姿勢を易々と変えていく例もまた多い訳で。社会が「友好」「人権」「信念」を言うのは財布の中身に余裕の有る時だけスな(苦笑)。

PS.
>誰か反応するかな〜?なんて思っていたんだがw
>誰も反応しね〜・・・

いや全く(苦笑)。
感想をチャットや電話、メールで言ってくれるので、敢えてコメントする必要も無いと都合良く解釈してるんだが、毒気に当てられて何も書く気が起きない…とかだったら、どーするべ、おい(汗)。
まあ、「インテリ気取り」のblogって、どこもエラくコメント少ないんだけどね。底の浅さを見透かされてるのか(苦笑)。
Posted by ナナシ at 2005年02月07日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック