2005年02月07日

今日のどーでもいい憤り

hagiwara

「萩原健一、恐喝未遂で逮捕、家宅捜索」
11:30からの民放、全局トップニュース。
一方、日本も大きく関わりそうなスーダンPKOの全容が出てきた訳だが、どこも触れませんか、そーですか。

PS.
NHK、正午のニュースは「サッカー北朝鮮チーム来日」がトップだたよ…orz

スーダンPKO全容判明=9月に活動本格化想定−安保理筋・防衛庁は派遣慎重
スーダン(中略)南部地域を6区域に分け、参加国は軍事監視団、輸送、施設、地雷除去、医療などの各部隊を送り込む。政府は各国PKO部隊の活動が本格化するのは9月以降と見込んでいる。

国連安保理関係者や政府筋によると、国連が計画している1万人規模のスーダンPKO軍事部門の内訳は、軍事監視要員約750人、部隊要員7000人、予備要員2000人。

3月中旬までに首都ハルツームに司令部を、首都の東400キロのカッサラーに南部地域本部を置く。3月から参加国の施設部隊が井戸の掘削や橋を架けるなどの活動を始め、5月から9月末にかけてその他の部隊が現地に入ることを想定している。

任務内容は北部の政府側(イスラム教系)と南部の反政府勢力「スーダン人民解放軍」の間で結ばれた包括的和平合意の維持。政府軍と反政府勢力の入り組んだ兵力分布を本来の地域に戻し、南北境界付近には両者の混成部隊を配置する。

安保理関係者によると、2月15日ごろに国連でスーダンPKO設立が決議され、4月末以降に支援国会合が開催される見通しだ。

ただ、自衛隊の派遣について防衛庁内では、法律的には可能としながらも、
(1)武器使用基準が正当防衛や緊急避難などに限定され、停戦監視
  など国連平和維持軍(PKF)の本体業務に加わるのは困難
(2)イラクに自衛隊を派遣している上、災害派遣や北朝鮮有事への
  備えが必要
の理由から慎重論が強い。

このため、派遣できても医療などの後方支援の可能性が高い。

posted by ナナシ=ロボ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(1) | スーダンを見つめて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1853271

この記事へのトラックバック

ショーケンやっぱりやっつけられる。(w
Excerpt: ショーケン、恐喝未遂容疑で逮捕 警視庁  途中降板した映画をめぐり、プロデューサ...
Weblog: ローマ帝国すぽーつ120円
Tracked: 2005-02-07 12:36