2006年04月16日

横田一家の時間 それでも、なお。

(mixi日記より転載)

「ごめんなさい。XXXXを読むまで、拉致だと信じていませんでした」

もう、10年も前だろうか。北朝鮮による拉致の解決を求める集会に参加した時にアンケートに書いた物だ。XXXXは思い出せない。安明進氏の証言をまとめた週刊誌の記事で、当時としてはかなり衝撃的だったと記憶している。

日本の首相が北朝鮮を訪問するなど想像も出来ない頃だった。集会に来ている人々は随分と少なく、お互いに顔見知りの様で、初めて参加した俺は何か場違いのような気分を味わっていた。

会場でぴょこぴょこという感じで動いていた小さいおじさんが、後に壇上に上がり「横田滋です」と挨拶した時は少し驚いたが、彼のしゃべり慣れてない早口は、いわゆる「政治集会」での「演説」とは、ほど遠くて、その分なにやら心に染みた。

今、横田めぐみ写真展が開催されている。俺と一才違いの彼女の写真は、俺の見てきた風景とそのまま重なる。なんだかやたら襟のでっかいシャツも、子供はもちろん廻りの大人達の髪の毛がみんな真っ黒なのも、よくこれで売れていたもんだと呆れるほど可愛くない人形も、全て見覚えが有る物ばかりだ。

彼女の写真は13才で途切れている。

中一から今日までの自分を思う時、めぐみ嬢とご家族の苦しみと悲しみがほんの僅かだけ理解できる気がする。田舎のふつーオッサンにさえ色々な事が起こった長い長い時間。その間、彼らは引き裂かれてきたのだ。

だが、それでもなお。
北朝鮮の核の放棄させる交渉を最優先させ、拉致問題は、その為の材料として使っても構わないとすら、俺は思っている。核を放棄させさえすれば、北朝鮮は金王朝のまま存在してくれた方が日本には都合が良い。中国と必ず協力関係に進むだろう統一朝鮮など、ごめん蒙る。

「ごめんなさい、今の貴方達の運動は日本の国益に反していると思います」
そうアンケートに書く勇気は無い。拉致関係の集会にも行かなくなった。

megumi.jpg

写真は13才の横田めぐみ嬢。撮影された一ヶ月後、彼女は日本から消える。
posted by ナナシ=ロボ at 21:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 朝鮮半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も東亜で色々な情報に触れるまでは、拉致問題にたいして
興味を抱いていませんでした。
もちろん解決されれば、それに越した事は無いんでしょうが、
日本の国益との絡みまで考えると、本当に難しいですね。
Posted by 香箱     .exe at 2006年04月16日 23:03
お猿

彼女と彼女の家族たちが味わってきた峻惨な経験を思うと
家族会の方々には批判の言葉を投げる気になれない。

とはいうものの北朝鮮の核問題、
今を逃すともう先は無いと思う。
そのためにはロボさんが書いているように
被害者&家族会をダシに使わざるを得ない事態も発生すると思う。

繰り返し書きますが、今が最後のチャンスです。
韓国の立場からすれば、六ヶ国協議がグダグダしている間に
こそこそこそーーって南北合併しちゃうのが理想なんでしょね。
何もせず核兵器保有国へ昇格♪
日本からすれば最悪の結末。

中国・ロシアだって似たようなもんだ。
グダグダし続けていてくれたほうが
日米英へのけん制になるし・・・

政治家諸氏&外務省はこの事態をどう捌くつもりなのか。
ただ、ただ、見守るしかない。

智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
Posted by お猿 at 2006年04月17日 13:01
┏┫ ̄皿 ̄┣┛<コメント、ドモです

>香箱さん
今でこそ関心の濃淡はあれ、知らぬ人の居ない事件になりましたが、拉致事件は、長年、関心の有無ではなく、事実の有無が語られて来ました。それを思うと、やはり素直に解決を求められる状況だった内に…と思わずにはいられません


>お猿さん
かつては、日中露をはじめとする周辺国は朝鮮半島が緩衝地帯で有る事を望み、そう動いてきました。

しかし、韓国で心情的反米が徐々に強くなっている今、中国は既に朝鮮半島が緩衝地帯ではなく属国化する「歴史的状態」を望んでいるでしょう。

日本は、やはりその状態を望まない地理的にも歴史的にも半島と関わりの深いもう一つの大国と協力して、緩衝地帯を維持し続けるしかないと思うのですが、既に時遅いでしょうか。38度線から北側−太平洋への不凍港と中国へのくさび−が貰えるなら、「偉大な母なる大地」の復活を目指す、未だに後ろ暗いイメージが抜けないあの大統領とは充分取引が出来ると思っているのですが(苦笑)
Posted by ナナシ=ロボ at 2006年04月17日 16:21
たしかにすべて丸くおさまるならダシにしても構わないと思う。いい結果に情はいらない。


でも生きてるうちにできるだけ早く奪還してもらいたい・・・・
Posted by 武神Panzerfaust at 2006年04月17日 23:06
難しい問題だと思うので、敢えてそれについてのコメは差し控えさせて頂きますが、ロボさんが何故、その集会に参加されたのかに、少し興味があります。
今ほど声高に拉致問題が取り沙汰されていた訳でもなかったですよね。。。その週刊誌の記事に触発されたのでしょうか。
そうして地道な活動で拉致被害の実情を世間に知らせていった横田さんご壱家を始めとする被害者のご親族のことを思うと、やはり私は何も云えなくなってしまうです。
Posted by うと at 2006年04月18日 00:02
>うとさん
質問にご返事しようと思って書いている内に、なんかエッラい長くなってしまいまして(苦笑)。独立した日記でご返事する形になると思います、もう少々お待ち下され(ペコペコ
Posted by ナナシ=ロボ at 2006年04月24日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19771672

この記事へのトラックバック