2006年07月22日

イスラエルのレバノン侵攻、その短期戦略

最初に申し上げておきますが、拙blogでは「民間人の死傷者」と言う物は「戦闘に伴う許容される損害」か「敵の非道を国際社会に訴える為の材料」とのみ捉えるのが原則で、今回の記事もその原則に沿っています。「平和を!即時戦闘停止を!」とか訴えたい人はよそでやって下さい。


現時点での予測。

・イスラエル軍の戦略目的
 a.レバノン南部、国境線1km幅の「緩衝地帯」の確保
 b.「緩衝地帯」への国際部隊、駐留

イスラエルは「『緩衝地帯』へのレバノン軍の展開」という条件を既に出しているが、これは、単なるブラフである。未だ四分五裂のレバノン軍にそんな力はないし、また、レバノン軍内部には多数のシリア・シンパ、ヒズボラ・シンパが潜伏している。そんな物が常駐してもだだ漏れである。


・同戦略目的を達成する為の方法
 a.陸上部隊での「緩衝地帯」地域の制圧
 b.砲爆撃での「緩衝地帯」へ繋がる道路、電気、上下水道等の破壊
  (ヒズボラの隠れ蓑である一般市民が「緩衝地帯」では生活出来ない環境を
   作り出す)

当面の現象としては、イスラエルは、緩衝地帯への戦闘の極限化と激化方針を取る。民間人の被害も加速度的に増える。その方が国際社会の介入=国際部隊の展開を早めるからである。
この戦略は本来、イスラエルの意図せざる物だ。イスラエルは早々に手仕舞いにし、本来の「敵」=対パレスチナに専念したいのだから。
posted by ナナシ=ロボ at 21:56| Comment(2) | TrackBack(2) | イスラエルとパレスチナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書き出し4行にワロタw
Posted by 銀次 at 2006年07月23日 17:29
┏┫ ̄皿 ̄┣┛<いやー、お恥ずかしい(笑)。
こうやって魔除け札貼っておけば、SPAM同然のTBが飛んできても、逆に堂々と殴り込みに行けますからー(笑)。
Posted by ナナシ=ロボ at 2006年07月24日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21221312

この記事へのトラックバック

イスラエルの攻撃の即時中止を支持している国はどこ?
Excerpt: Belfast Telegraph 「どの国が攻撃の即時中止を(イスラエルに)求めているのか? (21 July 2006) より。 <支持!組> 国連事務総長のコフィ・アナンは昨夜こ..
Weblog: ある異常体験者の偏見
Tracked: 2006-07-23 00:52

レバノン侵攻
Excerpt: レバノン侵攻レバノン侵攻(レバノンしんこう)は、イスラエル軍が隣国レバノンに侵攻した事件。1982年と2006年の事件が大規模な軍事力行使であるが、1982年の事件は''レバノン内戦'' を参照。本項..
Weblog: テレビ朝日のアナウンサーと最新ニュース
Tracked: 2006-08-22 20:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。