2005年02月27日

H2A、7号機、打ち上げ成功

h2af7.jpg
 
打ち上げを種子島から生実況する音声を背景に、高度6万mで補助ブースターを切り離す生映像をネット中継で見ながら、「2ちゃんねる」実況スレッドで沸き起こる「マンセー!マンセー!」を流し読みしつつ、共にネット中継を見ている人とチャットをして、半纏を着てこたつに入りながら番茶をすすり、脇の人はうたた寝をしている、そんな21世紀。

(画像は宮崎市の瓦屋根上空を飛ぶH2A-7号機。クリックで大きな画像がご覧になれます)

この野郎(ああ、この野郎よばわりだ)とはblogで取り上げる話題がカブっても、今更TBも打たないのだが、今回は見過ごせん。
これで、日本もやっとこさ宇宙開発への第一歩が記せたw

とは何事だ。今回のは7号機だぞ、7号機。H2Aシリーズは完全商用ロケットとして実用化され、前回の6号機で大失敗ぶっこいたとは言え、その前と今回で6度打ち上げ成功している。しかも、6号機からは、発射場すら含まれた77個所の徹底した改良を行っているのだ。
今回の改良型H2Aは安全策とって推力が約15%低下したとか、EUのアリアンはH2Aの2倍の搭載能力が有って、しかもバンバン打ち上げに成功してるとか、ロシアのプロトンやドニエプルはH2Aの打上げコストが6割だとか、スペースシャトルの打上げ再開も近いんだから、どーせアメリカで衛星作って、えっちらおっちら日本まで船で運ぶなら、向こうで載せてもらったらとか………_/ ̄|○

えええええええええいっ、ともかくっ、日本はとうの昔に宇宙開発へは一歩も二歩も踏み出しているのだっ!!!!

ayamare.jpg
posted by ナナシ=ロボ at 13:25| Comment(4) | TrackBack(1) | このくにのすめら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
打ち上げたのはええけど、有人飛行は一度もありませんからw 残念♪
中国に任したほうが日本の国益じゃないの切りw
拙者 なぜかギター侍風書き込みをしました 切腹w
Posted by ぁぃぅぇぉ at 2005年02月27日 15:46
こういう技術はいったん切れたら復活させるには厳しいですからね。
採算ベースに乗るように頑張って欲しいものです。
国益と言ったら国産自動車も大昔は
保護育成は無駄だって言われた時期がありましたね。
将来的にロケット技術がどう転ぶかは分かりませんが。
Posted by lba at 2005年02月28日 00:26
 特に反論や文句はござんせん^^
むしろ・・・細かい付け足しありがとう^^

ちなみに、おいらは開発には大賛成ですがw
Posted by この野郎ですw at 2005年02月28日 01:25
>lba氏
コメント、どもです。
>こういう技術はいったん切れたら復活させるには厳しいですからね。

そうなんですよねぇ、ただし、切らさない為には需要が必要な訳で。
「行財政改革」の一環で民間に移管されつつある現在の日本の宇宙開発は、経済性という神の手によって阻まれてしまうのかも知れません。正直、俺、かなり悲観的です(苦笑)。


>この野郎
>ちなみに、おいらは開発には大賛成ですがw

だったら、あやま(略)
Posted by ナナシ at 2005年03月02日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

H2A打ち上げ成功
Excerpt: 日本の宇宙産業の再スタート
Weblog: 流れにまかせるコト
Tracked: 2005-02-27 21:57