2006年08月09日

ある母子

rebanon.jpg

場所はレバノン、ベイルートの爆撃跡。
「母親の手はきつく子供を抱きしめていた。この母子を含む一家族13人全員が死亡した」と説明があった。この母子や一族とヒズボラの関係に付いての記述は無し。

ま、なんて事はありません。せんそーてのは、こんな物です。
posted by ナナシ=ロボ at 21:57| Comment(1) | TrackBack(1) | イスラエルとパレスチナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗な戦争なんてものはありゃしない。
戦争とは何か、よーく括目して脳みそに焼き付けないとね。


でも、凹むなぁ。。。
Posted by 猿おやぢ at 2006年08月10日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22147177

この記事へのトラックバック

中東
Excerpt: 紛争が続くイラン、イラク、パレスチナ、レバノン・・・ 中東の政治、経済、社会、文化について語ってください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-08-11 20:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。