2006年09月02日

「平和のための戦争展」に行ってきた

ネタも含めて色々書いてみたんだけど、書いてる内にどんどん悲しくなってもーたので中止。
わざわざサーバに載せたのにもったいないという貧乏根性で画像公開。

Uni_0082.jpg
表には、福島に投下されたプルトニウム型原子爆弾投下実験用爆弾「パンプキン」の破片のみで。これが見たくて行ったのだな。大きさが判る様に煙草を置いてみました。


この福島の「模擬原爆」については近々書くつもりでいます。

Uni_0073.jpg
千人針


Uni_0074.jpg

Uni_0075.jpg


Uni_0076.jpg除隊記念盃
徴兵されて満期除隊するとこういった物を作って親戚、近所に配る習慣が有りました。


Uni_0078.jpg Uni_0077.jpg

Uni_0079.jpg

「将校用鞄」と説明が有ったが、私物だと思う


Uni_0080.jpg Uni_0081.jpg
左、国民服(軍服ではない)。右、防寒服

Uni_0085.jpg Uni_0086.jpg
いわゆる壁新聞。

Uni_0087.jpg
「サンデー毎日」
対米欧開戦以前のせいか、パイロットの顔がちょっと外人ぽい(苦笑)


Uni_0093.jpg「大東亜決戦画集」昭和18年刊行
既に物資が欠乏していたせいか印刷に物凄くムラが有る。比較的印刷の良い物を選んで撮影。
絵の解説をネタ混じりに書いてたのだが、年が進むに連れて脇に書いてある文章が、いわゆる「大本営発表」になってきているのが痛々しくて断念。


Uni_0088.jpg Uni_0090.jpg

Uni_0094.jpg Uni_0095.jpg

Uni_0096.jpg Uni_0098.jpg

Uni_0099.jpg Uni_0101.jpg

Uni_0102.jpg Uni_0103.jpg

Uni_0104.jpg Uni_0105.jpg

Uni_0106.jpg Uni_0107.jpg
この本の画像を何枚か2ちゃん軍板で公開した所、即座に「レパルス」「サラトガ」と艦名を当てられた。場所が場所なだけに、その後、何事も無かった様に判別が難しい艦種の話に移行していったが、冷静に考えるとこの絵で艦名が当てられるのは、やっぱ変(含む俺)


Uni_0091.jpg Uni_0092.jpg
バラバラになっていたので、なんの本かは確認出来ず


Uni_0111.jpg
「小国民」向け読本「ジャワの戦い」


Uni_0113.jpg
見開き2ページで絵が書いてあり、次の2ページでその解説が書いてある装丁


Uni_0114.jpg Uni_0115.jpg

Uni_0116.jpg Uni_0117.jpg

Uni_0118.jpg Uni_0119.jpg
posted by ナナシ=ロボ at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
壁新聞の
婦人倶楽部の「夏の子供ワンピースの作り方」っていうのが 気になったょ
Posted by ジョゼ at 2006年09月03日 00:13
千人針、切ないですねぇ。
「パンプキン」の破片初めて見ました。詳しいお話お待ちしてます。
Posted by エンゼル号 at 2006年09月03日 08:31
>ジョゼ嬢
そこかっ!そこに反応かっ(苦笑)

調べたら、昭和17年の7月号。国会図書館に残ってるみたいだが「機閲=研究機関(に所属する学者さん)等の閲覧のみ可」だった。電子化されるまで待ちましょう(笑)

>エンゼル嬢
> 切ないですねぇ。

┏┫; ̄皿 ̄┣┓<イヤ、マッタク、仰ルトオリ…
個人的には日章旗に書かれた「献身自重」の四文字が心に響きました。恐らくこれが、無事を祈る精一杯の表現だったのでしょうから。
Posted by ナナシ=ロボ at 2006年09月03日 11:04
千人針、うちのばーちゃんが虎年だったんで実際に縫った事があったらしいです。
パンプキンの話はじめて知りました。
Posted by みつな@ゆに at 2006年09月04日 04:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック