2008年02月20日

俺らはスーダンの加害者です

スピルバーグの北京五輪芸術顧問辞任以来、舞い上がってるバカが多すぎるので、もう書いちゃう、書いちゃう!

日本は、スーダン産原油の主要輸出国なのっ!2006年は、恐らく中国も上回る最大輸入国だったのっ!

日本の首相宛に、イギリスとアイルランドの議員から連名で「スーダンとの経済的関係の再考」を求める書簡を送られる程なのっ!

んで、経産省が、慌ててスーダン産原油の輸入実態調査をしたりしてるのっ!

それで空気読んだ、関電、九電がスーダン産原油の自粛を決定したりしてるのっ!

俺らは、ダルフール内戦を傍観しているだけの消極的加担者ではなく、石油を輸入しスーダン政府に資金を提供している積極的加担者なのだ。

┗┫; 汗 ┣┛<今、スーダンに関してノーテンキに中国に悪罵を投げ付けてる、おまいらー!
その言葉は、そっくり日本にも適応できてしまうんだぞー、判ってやってるかー!それとも、銭で払うのと兵器とのバーター取引で払うのは違うとでも言うつもりかー!
posted by ナナシ=ロボ at 02:04| Comment(1) | TrackBack(0) | スーダンを見つめて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(-@∀@)<だがちょっと待って欲しい。
武器ではなく何にでも使えてしまう銭を渡している日本は人類史上最悪の極悪国家ではないだろうか。

何かいいニュースあったらスレ立ててください(^ ^;
Posted by 富士南麓人 at 2008年02月20日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84882056

この記事へのトラックバック