2008年03月24日

チベット抗議活動@長野聖火リレー

長野の聖火リレーに中国側が“注文”

中国の北京五輪組織委員会が、長野市で4月26日に行われる聖火のリレーや式典を直接妨害する行為だけでなく、中国政府を批判するメッセージを書いたプラカード類を掲げるなどの活動も排除するよう要求している。長野市のリレー実行委員会が24日、明らかにした。

・メディア(特に海外メディア)に呼び掛けて取材に来て「もらう」

・事前にロケハンして、メディア側が映したいと思う場所(名所・旧跡やスタジアム)に重点的に人数を配置する

・統一行動の徹底−今回だと走者が来た時「だけ」沿道でチベット国旗とスローガン「のみ」を書いたプラカードを掲げる

人数が集まるならば、全ての沿道に配置するのが望ましいか。

走者が来た時に初めてプラカードを掲げるという単純な行動に留める理由は二つ。参加者のほとんどが「活動慣れ」をしていない事とメディアがアピールを無視した場合、ニュースで使われる1カットの映像がおそらく10秒以下であろうから。

シュプレヒコールをキレイに揃えるのだって、けっこう練習が必要だ。それとメディアが無視した場合に、「沿道にズラリと並ぶチベット国旗」といった極めて単純な「絵」でなければ、10秒以下で視聴者に「何かが行われた」と認識させるのは無理だ。

中国国旗を焼いたり、破ったりするのは勿論、プラカードにモナーやアニメキャラとかを書くのも絶対にいけない。中国当局に日本のチベット支援が「不真面目」な物であると逆宣伝する材料を提供しかねない。

要するに、日頃、2ちゃんねらーが嫌悪、痛罵している「ブサヨ」が運動してる形式が、最も効果的なわけだ。彼らに出来るだろうか。


┏┫ ̄皿 ̄┣┓<まあ、最大の問題は、飽きっぽいネットの住民が一ヶ月という「悠久」の時間を燃料無しで(はい、チベット問題は、この先、大きな燃料ないですよ。『制圧』されちゃったんだし)モチベーション保てるかって事なんだけっどもね
posted by ナナシ=ロボ at 23:58| Comment(3) | TrackBack(1) | アジア・忘れられた場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
技術は価値中立的であり、合目的であるかどうかが問われるというのが私見ですが、今回最も効果的であると思われるロボ氏の提案を、好悪の情に流されやすい2ちゃんねらーに実行できるかが問題ですね。しかしメディアアピールとしては完璧なプランだと思いますが。
Posted by シス at 2008年03月25日 12:43
初めまして、
フランス在住のものです。

昨日の聖火リレーは、チベット弾圧抗議の嵐の中、騒然としたイベントでしたが、パリ市長も、国会議員50人もチベット弾圧反対の抗議をして沿道に整列しました。
それなのに、
日本の新聞は、「一部の国家分裂支持派の暴徒が聖火リレーを邪魔した」、という中国の言い分に影響された記事になってしまっていて、
町村官房長官までも、そのプロパガンダに振り回されたコメントをしていて、強い憤りを感じました。

フランスは、良民常民や良識のある政治家が一丸となって、中国の人権弾圧に抗議していたのに!

これは、まともな抗議運動をする人達を、シラケさせる「効果」を模索する中国側にバイヤスをかけられたメディアの報道です。

気をつけてください。
Posted by 敦子CARREAU at 2008年04月09日 04:28
>敦子CARREAUさん

貴重な現地情報、ドモですドモです。

どんな日本の新聞をお読みなのかは存じませんが、日本に居るとマスコミ−特にTV−の論調の多くは、「大騒ぎになってて、それの原因は中国に有るっぽい」つーだけで、それほど明確な意図は感じられません。

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<まあ、火事場見物感覚で無思想な報道の方が、「バイヤス」掛かった報道よりマズいんでねーかという意見もお有りとは思いますが(笑)
Posted by ナナシ=ロボ at 2008年04月09日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90806571

この記事へのトラックバック

◆聖火リレーで浮かれている場合じゃない [長野市・聖火リレー実行委]
Excerpt: 世界をつなぐ聖火の責任と幸せを感じながら走らせていただきます。 ―タレント・萩本欽一さん。長野市の北京五輪聖火リレーで、聖火ランナーに選ばれて。 4月26日に長野市で実施される北京五輪聖火..
Weblog: 猿も笑うニュースな人々
Tracked: 2008-03-29 00:07