2008年04月28日

ルミ子先生の宿題

日本紛争予防センター(JCCP)つー組織がある。詳しい事はリンク先を読んでもらえれば判るが、ネット上で「プロ市民」と揶揄されるような輩とは一線を画す組織だとは言うておく。事務局長が自衛隊での講演を依頼されると言えば端的にお判りいただけようか。

さて、その事務局長・瀬谷ルミ子嬢が、この度、中国新聞の「ひろしま国」コーナー内で「みんなの平和教室【紛争と平和 答え探そう】」という連載を始められ、その中で課題を出されている。なかなかに興味深い問いなので紹介と俺なりの答えを書いておこうと思う。


今回の課題

2人が一つのオレンジを取り合っています。2人とも半分では足りず、そのオレンジが1個必要だと言って譲りません。どんな解決方法があると思いますか

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<二人ともぶん殴った上で、半分こさせる。不可能なら、後々、俺の得になりそうな側に味方する。


PS.
T.B送ろうかと思ってたら瀬谷嬢のblogにT.B欄が無かった、トホー(苦笑)
posted by ナナシ=ロボ at 21:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二人ともぶん殴って、オレンジは俺のもの
で、みんな幸せ
Posted by 猿人 at 2008年04月28日 23:44
マチコ先生やルナ先生や美奈子先生の宿題ならやる気になったのに……
Posted by シス at 2008年04月29日 07:37
一個のオレンジを元にオレンジを育てさせて、それを嫌がったらぶん殴って言う事を聞かせる。
で、収穫の2割ぐらいを顧問料としていただく。
Posted by 椋鳥 at 2008年04月30日 02:20
喧嘩両成敗で二人とも切腹
Posted by うすらはげ at 2008年04月30日 12:01
1、勝負(じゃんけんとか)
確実に半分手に入れられるのと、0か100かの勝負をするのとどっちかを選んでもらう。
半分じゃ意味がないというなら、勝負で決める。
ただし、勝負か半分こかで双方の意見が割れたときにちょっと困る。

2、ごまかす
ジュースにして、ちょっと薄めて、二人それぞれにこっそり一個分だよって渡す。きっと水っぽいオレンジだったんだよ・・・。

3、番外編
自分のほしいものを得るには、対価(労働)が必要だ!といって、一人には特許のレポートを、一人には刑法のレポートをやらせる。(民法と公法は仕方ないから自分でやる)その間に私はもう一個のオレンジを探しに行く。3人みんな働いてるように見える(笑)



あ・・・やっぱダメっすか。
Posted by 葉桜 at 2008年05月01日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95007231

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。