2007年07月22日

47都道府県・選挙啓発キャンペーン総まくり

06fukushima.gif
某所で我がふぐすま県の2007参院選・選挙啓発キャンペーンポスターが、たいそう評判わるかったので、もっと恥ずかしいブツが有るに違いない、晒してやると決意し、全国47都道府県の選挙管理委員会+総務省・特設サイトを巡った手間と時間とトラフィックの超無駄遣い企画。

もっとも、国と各自治体が、これだけのキャンペーンを行うには、俺のやった事の何万倍もの手間と時間と税金が使われている。そんな事になっているのも、本来、国民が主体的に行う筈の「投票」をしない人が大量に居るからなのだ。


こんな税金の「無駄遣い」を減らす為にも、皆さん、投票に行きましょう。


無駄遣い総まくりは、こちらから
posted by ナナシ=ロボ at 15:15| Comment(5) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

激烈なボディブロー −農水相、事務所費疑惑−

最初に言うておくが、俺は赤城農水相の事務所費が違法であるとは思っていない。現行の政治資金規正法では、事務所費の合算は許されている(倫理的な云々は、この際問題にしない。今、国会で改正された新・政治資金規正法も全くのザルだ)。そこから逆算すれば、シンゾー君が、口走ってしまった様に「月額800円」というのもほぼ事実であろうと思っている。


┏┫ ̄皿 ̄┣┓<けど、もう無理♪

人件費から見た事務所の実態がどーのこーの、水戸の事務所との経費比率がどーたらこーたら、法に則った公開基準がふんだらもんだら…
細かい説明は既になされ、今後も追加されるだろーが、全て無意味である。

問題発覚初日に、赤城のカーチャンが言った「使ってませんよ」と事務所責任者と伝えられた男性の「いや、聞いてないです」の衝撃は消えない。

今後、カーチャン自身から、どれほどの説明が行われ、事務所から齟齬の無い報告書が提出されたとしても、「口裏合わせ」という単語を思い浮かべる事を止められはしない。むしろ、カーチャンを全面に立てた戦術は逆効果にすらなるだろう。この国は、子供と老人には純朴である事を求める。純朴な筈のカーチャンに(見た目がその通りな所が、また自民党にとっては始末に悪い)嘘をコカせてるは誰だという具合である。

「産む機械」、現役閣僚の自殺、「原爆しょーがない」と続いた不祥事の中で、個々の問題としては、最も小さい物かもしれない。

だが、今後、与党から発表されるあらゆる事柄へのあらゆる説明に対して、国民が更なる不信感を増すだろうという点では飛びきりだ。

自民党の取るべき対処は二つ。
一つは、既に言われている「全ての領収書の公開」。幸か不幸か、赤城農水相は13日まで海外出張だ。この隙を突いて、領収書を揃える事だ、もちろんデッチアップ可(素)

もう一点。こちらは遥かに大事だ。
あのカーチャンにコメント・アドバイザー等を付け、マスコミに向け、自民党に有利なコメントを垂れ流し続ける事。
マスコミは、新しく面白いコメントが流せるなら、正義や整合性などかなぐり捨てる。

高齢な彼女には凄まじい負担となるだろう。或いは投票日までに倒れ、そのまま帰らぬ人となる可能性すら有る。
が、それがどうした。赤城農水相はじめ与党諸氏は更なる「改革」へ邁進する崇高な理想を持っているのだ。「コラテラル・ダメージ」と割り切るべきだろう?
posted by ナナシ=ロボ at 13:01| Comment(7) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

「慰安婦問題反論広告」への問題(疑問)点

うがー、長文、書く気力が出ないんで、ものすごく荒っぽい物になってしまうんだけど、どうしても気になるので書いておくー。
最初に断っておくが、俺も意見広告を出すなど欧米への宣伝は多いにやるべきだと考えている。それでも、どうしても幾つか気になってしまうのだ。マスコミや広告業とは縁もゆかりも無い田舎のオヤジでさえ。

・あの形式で良かったのか
今回のW.P紙に掲載された広告は酔夢ing Voice「No Comfort, Yes, Prostitute!意見広告ではありません。」で、見られる。一見、字が多い(苦笑)。固い。なるほどW.P紙はむつかしい新聞なので、全部ちゃんと読んでくれる人も少なくないのかもしれない。だが、"Advocacy ad"と呼ばれる他の「意見広告」は、ちょっと違う感じだ。
googleイメージでの検索結果


・あの内容で良かったのか
今回の広告の内容はいわゆる「従軍慰安婦問題」を多少なりと勉強した者なら、目新しいところは全く無い。「そんな基本的なところから説明せねばならないのだ」という主張は、もちろん判る。だが、今回の広告の一部と殆ど変わらない安倍総理の発言は猛反発を食らった。「理が通じない相手」とまでは言わない。だが、"SEX-SLAVE"というイメージで染め上げられた現状を、いくらかでも理詰めで変えられるのか。感情とイメージで動く事が多い大衆相手に。


・広告を出すメンバーに問題は無かったのか
要らんあげつらい与えるスキをわざわざ作る事ぁ無いだろーと(苦笑)。


・今の時期で良かったのか
マイク・ホンダ議員が提案した「慰安婦対日非難決議」が米下院で採択されるのかどうか、まだはっきりしないが、それより前に出したかった。
はなさんのポリログ「ワシントンポストに意見広告」

との事だが、アメリカでの、いわゆる「従軍慰安婦」問題は、安倍総理の訪米時の「謝罪(少なくともそう解釈された)」で沈静化している。「寝た子を起こす」事にはならないのか。どうせ「起こす」のなら、決議採択に、もう少し見通しが立ったタイミングの方が効果的だったのではないか。


・「二の矢」を撃つ用意は出来ているのか
 「寝た子を起こす」事が、そもそもの目的だったとして。
アメリカでの慰安婦非難キャンペーンには、中国や韓国のプロパガンダ団体が深くかかわっている。これに対して、日本側の発信機能はきわめてお粗末だ。
はなさんのポリログ「ワシントンポストに意見広告」

この様な現状なのだから、相手からの逆プロパガンダは当然予想される。それに対して更なる反撃の用意は為されているのだと思いたい、いや、マジでマジで。

PS.
オラの「従軍慰安婦」に関する認識は「従軍慰安婦」に関する東京裁判提出資料(要約)をご参照下さい。
posted by ナナシ=ロボ at 18:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

今日の自戒

今日の自戒
ウンコいじり禁止


いや、もー、国民投票法案がいよいよ成立しそうで、護憲派の皆様のヒステリーも絶頂の様で。いじりたいblogもアチコチで見掛けるんですが。

一度、いじり出すと中々終わらない事も多いので止めておきたいと思います。

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<いじょw
posted by ナナシ=ロボ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

このXXを見よ:教育再生会議、親学の提言

なんだなんだ、こんなモノスゲー物、見逃してたぞ、おい。
釣りか?税金注ぎ込んでの釣りなのか?

賛成派
産経新聞:【主張】「親学」 親の教育も緊急の課題だ

反対派
毎日新聞:クローズアップ2007:教育再生会議が緊急提言方針 親学波紋

原本
第9回規範意識・家族・地域教育再生分科会(第2分科会)議事概要

「このXXを見よ」は特に心に響いた事象のタイトルに付けています。
XXには、バカ、アホ、クズ、達人、天才等が適宜あてはまります。
posted by ナナシ=ロボ at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

お詫び:「憲法施行60年、いま言いたい−作家・雨宮処凛−」

全面的に謝罪致します

昨日、エントリーしましたこの記事ですが、赤旗紙面を読んで脊椎反射的に書いてしまった物で、雨宮処凛嬢への調査が著しく不足しておりました。改めて嬢の「雨宮処凛公式ホームページ」「すごい生き方ブログ」を拝見した所、単なるしゃかいしゅぎ、きょーさんしゅぎにカブれ始めた宗教ハマりの典型君で有り、特に珍しい方ではないと言う事が判明しました。つまり、「Xカ」ではなくて「アカ」だったと。
「同い年」という事で落ち込んでらっしゃる方も見受けられますが、これは年齢には関係有りません。子供も手が掛からなくなったし、少し世の中の役に立つ事でもしてみたいわとかで、いきなり「学会」にハマってしまうなんていうアサッテの方向に爆走するオバハンなんか、ナンボでも居ますきに。

対象を良く調べずに判断を下す事は、一応ニュース系blogを名乗っている拙blogとしては有ってはならない事であり、深く反省し二度とこの様な事態を招かぬ様、努力して参ります。

本来なら記事も削除して謝罪する所ですが、既にコメントも付いている事も有り、自らの恥を晒し続ける意味からも、記事タイトルを変え、敢えて残しておく事と致します。

真に申し訳ありませんでした。

以下、過去記事です
posted by ナナシ=ロボ at 12:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

ふぐすま県知事選

ご存知の方も多いと思いますが、オラが街ふぐすまでは談合事件が知事にまで飛び火、今月12日の投票まで、激しい出直し知事選が戦われております。いや、ホントは結果丸判りなんで、ちっとも激しくないんだけど。あー、会津では、ちょっと熱いとか言ってたか、けど、あそこ、福島じゃないしぃー。

ところで、最終的に知事の辞任、逮捕まで至った今回の談合事件。日頃、交通事故がトップになるほどニュースの無い平和なところなので、地元マスコミのはしゃっぎっぷりは微笑ましいながらも大変に見苦しい物でした。東京地検に出頭する関係者に新幹線内でインタビューする為に周りの指定席券、買い占めただの奪い合っただの、なにやってんだ、オメーラ。

閑話休題。
さて、今回の知事選、候補者は5人です。
kouhosha.jpg
右から、
・県労連議長・小川英雄氏(57)=共産推薦
・前参院議員・佐藤雄平氏(58)=民主・社民推薦
・発明家・高橋喜重氏(58)
・弁護士・森雅子氏(42)=自民・公明推薦
・元県議・川田昌成氏(63)

前述した様に、一見して勝ち負けテッパン(苦笑)。コーゾーの腰ぎんちゃくで勝負になんかなるか、バカたれ。

告示前に「中央から娘っ子を送り込まれた事に反発した地元県連の一部が独自候補擁立の動き」なんつー電波を受信して、ちとワクワクテカテカしたのですが、「ホリエもんの父です!」と宣言した人が「前県知事から金を貰ってた連中が、なにをしようって言うんだ。選挙戦の最中にどこにどれだけ渡ったかリストが出るぞ。県知事選の直後に県議会の解散になるぞ」とわざわざ自分で電話してした来たらしくて、無くなっちゃったそうです。あー、全部、αケンタウリス星雲からの電波受信して聞いた話ですからね、念の為。

さて、勝負が決まったとなると、次に気になるのが

発明家・高橋喜重氏(58)

です。発明家ですよ、発明家。自宅がやたらでっかくて、「高橋科学研究所」とか看板が出てて、プールからロボットが発進したり、バリアーで自宅を防御したりする人ですよ。自宅、福島市らしいが、そんな家、見た事ねーぞ。ネットでも、この人、情報ねーぞ。

そんなこんなで、ちょっと気になってたのですが、本日、この方の選挙公約が地方紙に載りましたので紹介しておきます。

★税金は半額以下にする
★司法改革
★阿武隈川の上に高層ビルを建て病院、学校、商店、住宅、工場を入居させる
★病院の改革
★発明家を求め産業発展
★県議50%削減
★憲法第98条を基に法律を廃止し県民と共に新立法を作る
★税金は平等に取る
★税金の入出金を県民に公開
★全家庭にパソコンを導入

神様に比べると、つまんねぇな…

え?わざわざ紹介するくらいだから、この人に投票すんのかって?
日頃の言動からは想像つかないかもしれませんが、俺は、投票権は極めて真面目に行使する性質なのです。
posted by ナナシ=ロボ at 13:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

安倍体制、党三役・閣僚名簿

新内閣なんかが成立すると、いわゆる「顔ぶれ」が新聞に出ますな。
年齢、派閥名、選挙区、当選回数、今までに歴任した主な役職や発言とかを載せてるアレです。

ですが、アレは実に食い足りません。
一国の大臣にまで上り詰めた人達ですから、それまで色んな事が有る訳です。失言したとか何処から献金貰ったとか(笑)。
けれど、普通の新聞はなかなか載せません。慶事ですから余程の事実で無い限りは過去の忌事は避ける訳です、ああ、美しき哉、日本の伝統。

しかし、それでは困る人達も居る訳です。どんな細かい事ででも与党を攻撃したい人とか、ネタにしたい俺とか。

そんな人達にお勧めしたいのがしんぶん・赤旗の閣僚名簿です。
一例として長勢甚遠新法務大臣の紹介文を全文引用してみましょう。

【統一教会の「式」に祝電】
官房副長官として安倍長官を支えてきました。
元労働政務次官。厚労族議員として年金改悪や人材派遣業の規制緩和推進の先頭に。04年の国会では「改正で(年金は)100年間は安定」と強弁。「日本人材派遣協会」加盟企業から500万を超える献金を受けました。「給付の引き下げ、負担増は避けられない」と社会保障改悪や増税をあおる発言も繰り返しました。
03年には昭和天皇誕生日を「昭和の日」とする祝日法改定案(昭和の日法案)の提案者となりました。反社会的活動を繰り返す統一協会の集団結婚式に祝電を打っていた事も判明しています。

どーすか、どーすか。「年金改悪」「強弁」「あおる発言も繰り返し」の麗句も散りばめて悪意全開。
けど、どっから献金を受けたとか統一協会に祝電打ったとかは、頭の隅に置いてても良い情報だと思います。

つー事で、赤旗の党三役と閣僚名簿の紹介からの抜粋を載せておきます。実質、俺用のメモみたいなモンなので中に入れておきます。お好きな方だけ、どぞ。

2007-7-4
渡辺行革相
赤城農水相
小池防衛相
追加続きを読む
posted by ナナシ=ロボ at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

安倍"短命"体制、発足

NHKも「中川幹事長」を報道したので、決定したと見て良いのだろう。これで、安倍内閣の陣容も本格的「サプライズ」は皆無な物になる(拉致担当大臣だぁ?現在、北朝鮮との秘密交渉が進んでて、今年度中に劇的な展開を見せる目星でも付いてりゃ別だが、成果なんぞ何んも出せるもんかい)。今後、組閣後1週間以内に、安倍カラーを明らかにする「鮮烈なキャッチフレーズ」を打ち出せなければ安倍政権の命運は決まる。しかし、安倍は小泉ほどの天才ではない。

戻ってきたのだ!
全ての政策を官僚が立案し、執行は利益誘導と派閥の均衡で決定される時代が戻ってきたのだ!

この旧態なる政治姿勢は安倍政権の支持率を急速に低下させる。来年の参院選を前に、下がるばかりの支持率に慌て、数を頼んで郵政離反組との連携を模索したりすれば、それも逆効果にしか働かない。
かと言って「内政の失敗を外に敵を作る事で回復する」という方法も使えない。中国との関係改善を期待している党内勢力が離れるし、未だ「平和と福祉」を第一の政策として掲げている公明党にも気を遣わねばならない。

つまり、「小泉以前」の手法に遥かに長けている小沢民主党が圧倒的に有利な状況なのだ。今までの民主党は自民党に斬り込むと、逆に身内が自爆するという巡り合せが多かったが、超強運の持ち主、小泉はもう居ない。来年の参院選で自民党は惨敗する。

見ているが良い。年末までの国会、自民党は野党に鼻づら引きずり回され、どんどん身動きが取れなくなる。そして、どうして国会が膠着しているか、多くの国民には不明のままだろう。どうして、政策がその形で決着し、或いは決着しないのか、国民には詳しい解説が無ければ判らない時代が戻ってきたのだ。

そう、俺が「政治」を語るに足る時が来たのだ!再び!

GATO.jpg
※写真と本文に関連はありません。
posted by ナナシ=ロボ at 10:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

安倍政権人事

谷垣官房長官
麻生幹事長

或いは逆。
この人事をやれば、教育基本法改正から参院勝利、引いては憲法改正まで電車道が見えてくる。「さよく」の方々、お覚悟召されよ。




┏┫; ̄皿 ̄┣┓<てーのを、今日の段階で書いてちゃ、もう遅ぇんだよな…
昨日の総裁選得票結果を見た瞬間、浮かんだのに、ドラマの感想文とか書いてる場合じゃなかったわい…
posted by ナナシ=ロボ at 09:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

声に出して読みたい日本語

漫画家の倉田真由美“だめんず目線”で候補者選び提言

民主党は(中略)候補者公募の選考で意見を聞く「有識者会議」の初会合を都内で開催。ダメ男を好きになる女性を描いた「だめんず・うぉ〜か〜」で知られる漫画家の倉田真由美さん(35)が“だめんず目線”で提言した。
(中略)
「生理的にこういう人がいい、ダメなどと意見を出した。存在感や信頼感が大事。前原(誠司前代表)さんはいい人だが、頼りになるかならないかは別」と得意の“だめんず斬り”。

馬鹿の考え、休むに似たり
【ばかの かんがえ やすむに にたり】



┗┫ ̄皿 ̄┣┛<はい!皆さん、ご一緒に!
posted by ナナシ=ロボ at 01:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

第90代内閣総理大臣安倍晋三、決定

1683404.jpg

さあ!憲法改正だ!(違)
posted by ナナシ=ロボ at 20:41| Comment(2) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

冤罪はなぜ起きるのか

(mixi日記より転載)

人様のblogで紹介されていたネタなのだが、あんまし凄いので、俺も紹介してみる。

日本で冤罪が起こり易い原因は「刑事訴訟法の欠陥」に有るのだと言う事を指摘し、改善策も提示している。しかも、文章は平易でコンパクトw

とりあえず、読んでみてちょー。
http://www.kanshiki.com/took1.html

PS.
┏┫; ̄皿 ̄┣┓<で、だ。
こういう時、元ネタのblogにトラックバック打ちたいから、日記をblogに移行して、折角戴いたコメントですから、これも移行したいんですけど、mixi外に持ち出されるのは、ちょっとって方いますか…?
posted by ナナシ=ロボ at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

衆院補選・ジュウザさんの日記を読んで

(mixi日記より転載)

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=122977583&owner_id=1398100
--------------------------------------------------------
政治家ならば、普通に女性会社員とか言えばいいと思うのですが…なんかちょっと解せないんですが…OLと言えば特別扱いなのでしょうか?

OLの人々が生活が苦しいからと言って、みんな貴方のようなキャバクラで働いたりせずに、倹約や他のアルバイトしたりしてる人が大半だと思いますが…

(中略)

永田のメール問題から、やっと…ってな感じの民主党なのに…
この一言、余計だったと思うんですけが…
これが後で、火種になりかねなくはないと思うのですが…
気のせいでしょうか?そう思うのは自分だけでしょうか?

--------------------------------------------------------

ジュウザさんは、こう書いている。
現在ではOLは女性会社員と同義として使われているから、用語の問題は、こんで良いんじゃないかと思いますがw

さて、ジュウザさんは、とっても大事な事を書いている。
そう、大半の人は、給料が少ないからといって、おいそれと「ふーぞく」で働いたりはしない。少数派に目配りするのが政治の役割の一つだとしても、「雇用」という最も多数派を考慮しなくてはいけない問題ではこんな人達は無視して構わない。おゼゼが足りないからと言ってキャバクラ行っちゃう様な「行動力の有る」ねーちゃんは、どんな不況でも仕事見付けるし、26才で国会議員にさせられちゃったりもするからである。
こんな「行動力の有る」人達を含めてはいけない。ハローワークとか要らん事になってしまうではないか。

従って、ジュウザさんの言う様に、まことに「痛い」「余計な一言」だったと言える。


だがw。
この発言がジュウザさんが懸念している様な問題になる事は無い。絶対に無い。
俺は、さっき「26才で国会議員にさせられちゃった」と書いた。
そう、彼女は国会議員になったのではない、させられたのだ。
もちろん強制されたという意味ではない。立候補を打診されて彼女は自発的に受諾したのだろう。

けれど、実態として、彼女は小泉自民党vs小沢新生民主党の最前線の駒にしか過ぎない。しかも、仮に落選していたならあっという間に忘れ去られるレベルの。

駒の発言など誰も取上げない、問題にしない。問題にされるのは、その駒を動かしていた指し筋と指し手だ。
勝てる局を落した。一手差だった。悪いのは、指し筋だったのか、それとも差し手なのか。
原因探しと犯人探しを意図的に混同する動きも含めて、将棋盤の廻りは大騒ぎだ。

もう誰も駒の発言など気にしていない。たぶん駒自身の事さえ気にしていないだろう。

そして、駒は、そのまま自分の発言のどこに問題が有るのかも気が付かず活動を始める。我々の選良として。
posted by ナナシ=ロボ at 17:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

今日のハゲワラ:社民党内で労組結成

社民党内に3人労組 「不当解雇」撤回求める 「労働者の味方」困った

社民党から財政難を理由に解雇を通告された党本部職員三人が労働組合「SDP(社会民主党)ユニオン」を結成し、「不当解雇だ」として福島瑞穂党首に団体交渉を申し入れていることが十五日、明らかになった。「労働者の味方」を旗印にしてきた政党内に労組が旗揚げされ、労使交渉を要求されるという前代未聞の事態に執行部は頭を抱えている。

一読、笑ったのだが、下記でとどめ刺されて大爆笑。

党内には「解雇通告した職員は仕事もろくにしないで、いつも権利ばかり主張してきた」(幹部)と嘆き節も漏れている。

おめーらが、言うなっ(苦笑)。
posted by ナナシ=ロボ at 22:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

中西一善衆院議員、強制わいせつで現行犯逮捕

1zen.jpg

事件自体は激しくどうでも良いです、「チギアガリ」の品性なんてこんなもんだベ…とか言ってると性犯罪絡みになるとやたら張り切る連中に噛み付かれそうだな、ま、いいや(苦笑)。

むしろですね、このヴォケの席を埋める補選が、 こんなもの(注:クリックすると大変お見苦しい物がご覧になれます)公開されて激しく人気を落として選挙も落ちて、挙句にこんなもの出された特別首相補佐官の選挙と同じ日になりそうだ、女絡みのスキャンダルという事で結び付けられたらどーしよーとか、女性候補を立てればイメージ挽回になるんじゃないかとか、補選は行われないと判ったのがわいせつ事件発覚の翌日で「こんな重要な報告が即日行われないのは総務省の怠慢ではないか」と言われたら総務大臣が役人呼びつけて「俺のメンツが丸潰れだ」とブチ切れたとか、全く国民の方を向いていない「永田町の論理」での右往左往がたいへん微笑ましうございました。いやー、久しぶりだわ、こういうの(笑)。

ところで、このヴォケ、取調室で「俺には不逮捕特権がある」とかのたまわったそうですが、むっかーし、よりにもよって国会内で似たような事やらかした奴が居たよなー、あいつは逮捕されなかったのかしらんと思い出して調べてみたら、事件の顛末は以下の通り。

1948年、第二次吉田茂内閣の泉山三六大蔵大臣は、国会会期中に参議院の食堂で泥酔し、民主党(今の役立たず野党じゃなくて、自民党の前身)の山下春江参院議員に抱きつき、キスを迫ったが、はね付けられ山下議員を罵倒。また泥酔の余り午後の答弁に出席出来なかった。野党はこれに抗議して衆参院共に総退席。翌日未明に蔵相、議員を辞職。

大事件でないか(笑)。
で、なんで逮捕されなかったかつーと国会議員の不逮捕特権が及ばないのは国会"外"での現行犯の場合なのだな。まあ、泉山の場合は仮に国会外でも逮捕は無かったんじゃないかな、のどかな時代だったし…とか書くと、まーた怒られそーだ、ゲッヒッヒー♪。

最後に謎の予言を。
法則「性犯罪被害者が風俗関係に就業していた場合、人権団体、フェミニズム団体は掌返したように扱いが冷たくなる」の新たな証左が近々加わる。
posted by ナナシ=ロボ at 23:43| Comment(5) | TrackBack(2) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

古典芸能紹介:「9条の消えた朝」

9joasa


改憲が迫りつつある200×年冬。若手営業マンのタケシは、後輩タダチともども改憲賛成派。9条改憲に不安を募らせる恋人コトリに対して「日本は嫌いか」と詰め寄る。そんなタケシがある事故をきっかけに 年後の未来にタイムスリップ。

ところが、そこで見た改憲後の日本では、自衛隊が「テロ」を口実に海外市民を虐殺、国内では「核テロ」に備えて核シェルターが建設されていた。そんな日本の姿に驚くタケシの前に突然、コトリとタダチが姿を現す…。

憲法9条を改正すると、日本が直ちにファシズム国家に変貌するという懐かし過ぎる論調のマンガを見付けたので忘れない内に小ネタでご紹介。こんな事書いて、出版が1970年代とかだったらどーするべ(笑)。
読んでみたいけど、読み捨てレベルの本を買うと脇の人、うるさいんだよなぁ。いや、俺がどんどん本を処分すれば良いだけなんスけどね(苦笑)。あ、因みに出版元の「連合通信社」は大手組合の「連合(日本労働組合総連合会)」とは無関係です、念の為。

ところで、この手の政治的バカ書籍のデータ(タイトル、出版元、価格等)を収集、公開してるサイトご存知ないですかね?
posted by ナナシ=ロボ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

バカは死ななきゃ直らない

菅おわび…地震のHP記述で「不謹慎」批判受け
民主党の菅直人前代表(中略)は「あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか」と書き込んだ。

菅氏はおわびの中で「これ以上災害が重ならないようにという気持ちで書いた」と釈明している。

挙句の果て、今日になってからお詫びの文章を付け加える下司っぷり。
Date: 2004-10-24 (Sun)
新潟中越地震の余震が続いている。多くの犠牲者が出ている。犠牲者の皆さんのご冥福を お祈りします。上越新幹線も脱線。けが人が無かったのは不幸中の幸い。

昨日の今日の一言について「不謹慎」との批判のメールを幾つかいただいた。台風の上陸が重なり、四国の被災地を視察して帰京した直後に地震のニュースがあり、これ以上災害が 重ならないようにという気持ちで書いたもの。決して茶化したわけではないことを理解して欲しい。

今日になってから書換えられた物
昨日の今日の一言について「不謹慎」との批判のメールを幾つかいただいた。台風の上陸が 重なり、四国の被災地を視察して帰京した直後に地震のニュースがあり、これ以上災害が重ならないようにという気持ちで書いたもの。決して茶化したわけではないが、そのように感じられた方には謝りたい。
続きを読む
posted by ナナシ=ロボ at 21:02| Comment(1) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

プロ野球交渉、取り敢えず妥結

「未羽的徒然綴」「野球は好きじゃないけれど」にTB。

・楽天
この人、美味しいとこ横取りじゃなくて、素直にほりえもんこと堀江社長のLivedoor潰しで出て来たんです(断言)。ナベツネや西武の堤と昔から仲良いですし。
本拠地をLivedoorと同じ仙台に選ぶつーのは露骨過ぎて俺もびっくりしましたが(笑)。

しかし、この段階で、野球にも財界にも興味が乏しいみう嬢に不審がられてる様では、「楽天、来年度より参加許可」「Livedoor2006年度より参加許可」で、一年間、時間稼ぎを行い、旧体制への挑戦者Livedoorを振るい落とし。今度は、楽天も含めてダイエー、西武の合併を検討しつつ、もう一度、球界再編成を狙うというシナリオもお先、怪しいですな(苦笑)。
女の勘は鋭い、つー事でハイ(苦笑)。


・古田敦也
自分達のストが国民から多数の支持を受けていると知らされるや、TVカメラの前で落涙する様な「労働組合委員長」では、海千山千の「資本家」と渡り合っていけるのか不安だと思う私は55年体制派。「鬼の動労」「昔、トッコウ(特高=特別高等警察)。今、ドウロウ」とまで呼ばれ、国鉄争議における激烈なストやスト破りを指揮し続け「国民の応援などいらない。邪魔だけしなければそれで良い」と言い放った春日イインチョが懐かしい(笑)。

と、古田が泣いた夜に思ったりしてたのですが、昨日の妥結結果を見てますます不安が高まっております(苦笑)。
現行のままLivedoor、楽天、双方の加入申請を認めてしまうとセ6・パ7となり、オリックス、近鉄合併に伴うセ6・パ5と歪な構造と言う事では変わらない事になってしまうのですが、選手会側からはそれに対して特に意見が無い様なのですな。
前述したLivedoor潰しを黙認しているならば、衰退していくだけの旧体制擁護しているだけですし、気が付いていない、そこまでは今回は盛り込めなかったとするのならばネゴシエイターとしての手腕に疑問符が付きます。

また、新規球団参入の見返りとして「選手年棒の減額制限緩和」が既に項目に上っていますが、一億以上貰っている有名選手の年棒合計の約四倍に達すると言われる「野球選手年金」の球団負担分の抑制とか、年棒が低い選手に辛い事になんなきゃいいなーと。

率直に言って、労働関係に強い弁護士(旧社会党系で民主で腐ってんの、なんぼでも居ますきに[笑])をとっととブレインに付けないと、これからのこまごまとした実務交渉で手もなく捻られると思うー。

嫌がられるほどに擦り寄りたくなるという悪い癖を出しつつコメントしようと思ったけど、コメントとしては長過ぎるような気がするので、TBに変更。

当blogのテーマとはちと離れてるので、強引に「まつりごとといくさごと」に加わるテーマを挿入しておこう。
楽天が長野と宮城という改革派知事の居る自治体を選んできているのは、偶然ではない(まんざら妄想でないと思ってます、いやマジで)。
posted by ナナシ=ロボ at 12:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月13日

ジェンダーフリーvs石原

「ジェンダーフリー」教育現場から全廃 東京都、男女混合名簿も禁止
都教委は「意味や内容が使用する人によってさまざまで、誤解や混乱が生じている」として、「都教委が目指す男女平等教育とは異なっており、今後は『ジェンダーフリー』という用語は使用しない」ことを決めた。
(中略)
また、都内の学校では一部の教職員や市民グループらがジェンダーフリー思想に基づき、「男子が先で女子が後は男女差別」などとして、男女を一緒にして五十音順に並べる「男女混合名簿」の導入を推進している。

男女混合名簿については、都は平成十四年、「全校での実施を推進する」などと定めたが、都教委は「男女の性差を否定するような思想に基づき男女混合名簿を作成しようとする動きが見られる」として、作成を禁止する方向で検討している。

ジェンダーフリーをめぐっては全国各地で混乱があり、一部では「ひな祭りや端午の節句は男女差別につながる」「服の色で男女を分けるのはおかしい」などの教育が行われているという。

不覚にも大爆笑。いや、快哉を叫ぶとかじゃなくてね。
しっかし石原のとっつぁんは相変わらずやってくれるなぁ(苦笑)。
posted by ナナシ=ロボ at 22:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。