2008年10月17日

映画評「クワイエットルームにようこそ」

B0011JPENCクワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
りょう, 内田有紀, 蒼井優, 宮藤官九郎, 松尾スズキ
角川エンタテインメント 2008-03-19

by G-Tools


「精神科病院」(そう映画に出て来るんだから、しょうがあるめぇ)の閉鎖・隔離病棟を女子寮ノリつーか女子高ノリで描いた佳作。

実際に心がカゼを引いたり肺炎になった人達が、こんなにスチャラカだけのわけはないし、それをケアをする人達の苦労が尋常ならざるだろうというのは想像出来るが、それでもこの作品の魅力は衰えないだろうと思う。映画「カッコーの巣の上で」のキャラクター達が魅力的−そう、神経科・閉鎖病棟に入院してみるのも悪くないんじゃなかろうかと思わせるほどに「恐ろしく魅力的」−であるように。

もうね、出てくるメインキャストのおんなが、次から次とあまりにも良い女。内田由紀、りょう、蒼井優、平岩紙、高橋真唯…全員、ピーーーして ピーーーさせて ピーーーしたいです。妻夫木聡なんか、すっこんでろ(笑) 「大竹しのぶ」だけは、ちょと辛いかな。ま、あれはモビーディックと(苦笑)。条件が揃えば狩りたいです(笑)

映画「恋の門」は、ヒロインが同人誌で1000万の利益を出しているという辺りでギブアップして(苦笑)全編見ていないので、監督・松尾スズキの作る物が、女優の魅力に頼りきったのか、女優の魅力をしぼり出し切った作品なのかは判断保留。

もし。
松尾が女優の魅力を絞りきる監督なのだとしたら、日本映画界に新たな天才が出現した訳で、これは大いなる福音でありましょう。
posted by ナナシ=ロボ at 17:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

映画評「インランド・エンパイア」

B00104Y8W6インランド・エンパイア 通常版
ローラ・ダーン, ジェレミー・アイアンズ, ジャスティン・セロー, ハリー・ディーン・スタントン, デイヴィッド・リンチ
角川エンタテインメント 2008-02-22

by G-Tools


デビット・ド変態・リンチ先生が、製作過程、内容、宣伝とムチャしまくった作品。3時間という長さに加え、ムチャしまくった内容に遂に耐えられず、途中高速再生してしまったので評価はパスで一言だけ。

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<センセ、楽しかったですか(苦笑)
posted by ナナシ=ロボ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

ドラマ評「ルパンの消息」

意外な拾い物。

原作は未読。同じ原作者、ほぼ同じメインスタッフの「震度0」との落差を考えると、面白さの手柄は、ほとんど原作に帰するのではないかとは思うが(苦笑)。


以下ネタバレ有り
posted by ナナシ=ロボ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

映画評「象の背中」

B0011DIHGY象の背中 スタンダード・エディション
役所広司, 今井美樹, 井坂 聡
ポニーキャニオン 2008-03-19

by G-Tools


┏┫ ̄皿 ̄┣┓<俺、こうゆうスカした映画、キラーイ(苦笑)

おニャン子クラブから薄々きが付いてたが、俺、秋元とは徹底的に合わんな。
posted by ナナシ=ロボ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

映画評「ロッキー5」「ロッキー・ザ・ファイナル」

WOWOWのロッキー・シリーズ一挙放映で見たので合わせ技で。

B000IU39BOロッキー5
シルベスター・スタローン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-10-27

by G-Tools


見るだけ時間の無駄なのでネタバレバリバリで書く。

引退して悠悠自適だったのにダマされて無一文。今度はトレーナーとしてゼロから再出発…なんて話に、そもそも無理があった。製作当時、スタローン、44才。本人が、まだまだやる気満々、やれる気満々なんだから。まあ、そりゃそうだ。今の俺は45才だが、まだまだ満々だ、グヘヘ。

もとひ。
ラストのドツき合いでスタローンが「俺様、まだまだカッコイイ」を示す為だけ話が進むので、忘れていた故郷に帰ってきたら荒れていて…思春期の息子との軋轢が…我が子の様に育てた選手に裏切られ…全てが、おざなりで軽く薄っぺらい。挙句、ラストのストリート・ファィト、知る人ぞ知るみたいな形になるならまだしも、カメラがくっついてきやがって、全米生中継と来たもんだ。ふつーにリングで決着付けりゃ良かっただけじゃねぇか(苦笑) 

ゴミ。カス。てんでダメ。ナンバー・テン。


B000TV84IKロッキー・ザ・ファイナル (特別編)
シルベスター・スタローン, シルベスター・スタローン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-10-05

by G-Tools


以下、ネタバレ
posted by ナナシ=ロボ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

映画評「大日本人」

B000W05NUU大日本人 通常盤
神木隆之介 UA 板尾創路
アール・アンド・シー 2007-11-28

by G-Tools


┏┫; ̄皿 ̄┣┓<最後のアレは、やっぱり恥ずかしくなっちゃったんでしょうか…アレが無ければ、まあまあな映画だと思うよ、ウン…
posted by ナナシ=ロボ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

乞御教授、コミック「パンプキン・シザーズ」

┏┫ ̄皿 ̄┣┓<えー、読んでない方には全く意味不明かと存じますが、ご了承下さい。

まず、俺は、「パンプキン・シザーズ」は、月刊少年マガジンに移籍した以降しか読んでおりません。

それでですね。
「パンプキン・シザーズ」の「売春」を巡る描写−正確には月刊少年マガジン・2008年5月号で「伍長」が「0番地区」に足を踏み入れた所から「グランマの店」が爆破されるところまで−この描写に大変に驚いたのですが、この作品で、これまで「売春」が主体的に取り上げられた事はあったのでしょうか?

ご存知の方が居られましたら、コメントをお寄せ下さい。
posted by ナナシ=ロボ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

映画評「クィーン」

B000UVXHSQクィーン<スペシャルエディション>
ヘレン・ミレン
エイベックス・エンタテインメント 2007-10-24

by G-Tools

テメェのチ×コの始末も出来ないボンクラ息子と、はなはだ自由過ぎる嫁に振り回された旧家の女主人の苦悩の物語という在り来たりなストーリーで映画単体としては凡作以下。現実の英国を(ワイドショーで取り上げられる程度には)知っていないと人間関係は今ひとつ不明で、人物描写も薄っぺらい。だが、ダイアナ妃が死んだ当時の英国王室とブレア政権に関する記憶と重ね合わせた時、途端に滅法おもしろくなる。

エリザベス女王とブレア、誉めすぎだし、フィリップ王は、なんぼ「失言王」とはいえ無神経過ぎるし、エリザベス太后はキモが太過ぎる描き方だが、ヘレン・ミレン、アカデミー主演女優賞、納得の「説得力」で「あーあーあーあー、アレは、そうだったのかー」と思ってしまう。まあ、それは勘違いに過ぎないのだが(笑)。

割と万人にお奨めできる佳作。


もう、散々にアチコチで語られてるとは思うが、こう言った映画が作られ、王室が平然と黙殺する事こそ、英国の文化と民主主義の凄みだと思う。仮にだが、今から10年後に皇太子との密やかな確執に苦悩する今上帝の映画が作られる可能性はあるだろうか。今年のNHK日曜時代劇大河ドラマ「篤姫」で久しぶりに「天皇」が登場するが、彼が「天上人」以外の存在感を示す描写はあるだろうか。

だが、この映画のエリザベス女王の台詞を引用して希望に変えようと思う。
−その日は来ます。ある日、突然、予告も無く−


で、王室−皇室繋がりという事で、唐突に別の記事のコメントへのご返事を(間が開き過ぎちゃったので、ゴミンw)

名無し三等兵さん@皇子賜死(2008年02月13日)
こちらからコメントおねだりしたのに、ほったらかすような形になってしまって申し訳ありませんでした。
改めて自分の記事と三等兵さんのコメントを読み比べてみると俺のは少々悲観的過ぎ、三等兵さんのは楽観的過ぎると思ったりして、色々と調べたりもしたのですが、結論は「実際、やらせてみねーと判らねぇ」でした(苦笑)。
原武史・明治学院大学教授の「明治、昭和と『強い天皇』が一代おきに現れる」という言葉を引き、天皇家とこの国のに幸多からん事を期待したいと思います。

┏┫; 後 ┣┓<でもよぉ…娘っ子だけは、早いところ留学でもさせて気楽にさせっぺよ。あだに笑わない子供、ぜってぇ変だで。
posted by ナナシ=ロボ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

映画「紀子の食卓」

B000KQGMZ6紀子の食卓 プレミアム・エディション
吹石一恵 つぐみ 吉高由里子
ジェネオン エンタテインメント 2007-02-23

by G-Tools


冒頭、吹石一恵が重そうにトランクを引きずりながら、「私は17才」とナレーションが入った所で、まず、ひっくり返った。なんぼ田舎のプチダサ少女でも、ちょっと無理め(苦笑)

CMで「レンタル家族」やら「集団自殺」やら、今更なんじゃそらの単語が並んでいたから、こらアカンかーと思っていたら案の定。ストーリー自体は、演劇ゲーム(なんかちゃんと名前が有ったような気もするのだが忘れた。寸劇を演じさせ、次に役柄を交換して、同じ寸劇を演じさせる教育手法)をベースにした幼稚な思想−監督もちょと恥ずかしかったのか、この思想の根幹を語る部分は音声が聞き取りづらい演出になっている(笑)−に基づいた社会再構築を目指すカルト集団を背景にした家族の再生とかになるんだろう。

けど、今時、この映画で家族のどーこーに思いを致す人って、ものすごい幸せかボンクラのどっちかだと思うよ?(苦笑) 理由は、現在の「家族」への「異議」として提示されるテーマが前述したように幼稚で薄っぺらいから。

じゃ、なんでそんな映画の感想をわざわざ書いてるのかというと、妹役だった吉高由里子嬢が素晴らしかったから。

ちょっとググッたら、「世界のニナガワ」からパイオツ丸出し主演抜擢を受けたらしい。さも有りなん。今後も活躍に期待したいもんです。
posted by ナナシ=ロボ at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

映画「疾走」

B000ETRATG疾走 スタンダード・エディション
手越祐也 韓英恵 中谷美紀
角川エンタテインメント 2006-05-26

by G-Tools


1990年代、ハリウッドでさんざん語られた「(スティーブン・)キングの罠」=極めて映画的な小説だと「感じた」からといって、そのまま映画化すると大失敗作になる、に見事にハマっってしまった作品。

ただ。主人公のジャニタレと豊川悦司を別のキャストを変えれば、だいぶ印象が変わったかなという気もする(苦笑)
posted by ナナシ=ロボ at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

映画「ディパーテッド」

B0011ZOJ32ディパーテッド
レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-01-25

by G-Tools

ながら見と後述する理由でストーリーとか良く判らなくなってしまった作品。ちゃんと見れば、それなりに面白そうだった、後悔。

ところで、アテクシの脳内では、ディカプリオとデイモンの顔の区別が付けられていない事が、この映画で判明いたしました。エラいさんに続けて呼ばれるシーンまで約10分、同じキャラだと思ってた(苦笑)

因みに、昨年には、この三人が脳内で混じってる事に気付いて愕然としたりしたのですが(苦笑)
l_danta.jpg sasaki.gif kakei.jpg



┏┫; 後 ┣┓<どうも、ツルーンとしてる顔が区別を付け辛いらしい…
posted by ナナシ=ロボ at 12:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

映画「鉄コン筋クリート」

B000OCZAVI鉄コン筋クリート (通常版)
二宮和也 蒼井優 マイケル・アリアス
アニプレックス 2007-06-27

by G-Tools


蒼井優嬢って意外なほど太い声が出せるんですね。
あと、美術さん、お疲れ様でした。

以下、ネタバレ&下ネタが有ります
posted by ナナシ=ロボ at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

映画「日本以外全部沈没」

B000GQMJAM日本以外全部沈没
小橋賢児 柏原収史 松尾政寿
角川エンタテインメント 2007-01-01

by G-Tools


出オチ一発ネタの短編小説をふくらませるのは、やはり苦しかったかという印象。だが、流石は「いかレスラー」「コアラ課長」の異才・河崎実。いろいろ詰め込んでます。藤岡隊長、かっこ良すぎ。寺田農、はじけ過ぎ。

ああ、やっぱり劇場行けば良かった。ネタがカマされる度に、さざなみの様に広まる苦笑交じりの失笑(←脱力系お笑いに対する最大級の賛辞)の中に居たかった。地上波でやったら、2ちゃんねるの実況、行こ。

因みに、wikipediaに、この作品に出演依頼された二人の方の面白いエピソードが載ってました。

田所博士役を演じた寺田農は2006年版『日本沈没』からも出演依頼されていたが、どちらに出演するか悩んだ末に「日本以外全部沈没」を選んだという。

小松左京は映画化に関しては許可したものの出演依頼は断った。理由としては「出来すぎるパロディーを書かれた原作者はいつまでも根に持つ」とのこと。

お二人とも流石と申し上げる他ございません。
posted by ナナシ=ロボ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

映画「ワールド・トレード・センター」

B000HXDHBEワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション
ニコラス・ケイジ マイケル・ペーニャ マギー・ギレンホール
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2007-02-23

by G-Tools


ネタバラがありますので、中に。
posted by ナナシ=ロボ at 18:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

マリンピア・松島水族館

キレイなお魚さん画像とかは、俺の腕ではとうてい無理なので公式サイト「マリンピア 松島水族館」に譲るとして、下手な写真で恥を晒しつつ、あれこれを。

Uni_0560.jpg
「俺を、俺を怪獣にしてくれー!」と言わんばかりに、わざわざ二足歩行してくれるワニ。ごめんな、おじちゃん、今日は放射性物質も怪しい蛍光緑色の液体も持ち合わせてないんだ。

Uni_0562.jpg
カエルツボカビ症のポスターも、当然の様に貼ってありました。最悪、世界中の両生類が絶滅という事態ですからね。啓発は大切です。(参考:『防げ!カエルツボカビ症』 慶応大学)

Uni_0577.jpg
なんだか判らない画像ですね(苦笑)
魚などの動画が「さわってみよう」という表示の下に浮かんでまして、いざ触ってみると何も触れず、あら不思議って奴です。凹面鏡を利用した仕組みだと見当は付いたんですが、確認せずには居られない。奥まで手を突っ込んで奥が球面になってるのを確認してしまいました。牡蠣汁の混じった手脂が鏡についてたら、ごめん、それ、俺>松島水族館職員の人。

Uni_0612.jpg
えー、ズラっと製品並べた自販機置いて、こういうピンポイント爆撃みたいにムシる算段をしないでいただきたい(苦笑)

Uni_0613.jpg
両替機まで置いてムシりまくる気満万です。

Uni_0614.jpg
まんまとハマって、ムシられる5秒前の脇の人。

Uni_0618.jpg
デンキウナギ様ご尊顔

Uni_0619.jpg
いきなりB2爆撃機の展示が(嘘)
松島水族館で最も大きな魚、クロエイ。体長2m50。脇の球体は、排水口の上に、このクロエイが張り付くと下のポンプが故障しちゃうから付いてるんだそーで。

Uni_0631.jpg
ペンギンの餌やりタイム。ペンギンが池の鯉みたいになってました。

Uni_0632.jpg
この画像の1秒後、子供の投げた餌はイワトビペンギンの顔を直撃したのでした、ムゲェ(苦笑)

Uni_0634.jpg
冬の間は、オウサマペンギンの散歩タイムがありまして。オウサマのお出ましを愚民共が歓呼の声で迎えます。

Uni_0636.jpg
オウサマ行進。それに合わせて愚民共もゾロゾロと。

Uni_0638.jpg
で、おまいは何をしてたんだというと、あらかじめ散歩タイムの途中でオウサマが「休憩」なさる場所を調べて一番前で張ってました。子供とか後から来ても、場所、譲ったりなんかしません。ボウズ、これが社会だ。

Uni_0639.jpg
時々背筋を伸ばされ何事かを宣ぜられるオウサマ。ものすごい声量で、愚民どもは驚きの表情。

Uni_0640.jpg
羽根に青いタグのついているのが「アオちゃん」。付いてないのが「ナイちゃん」という名前。そのネーミング・センスはどうよ。

Uni_0648.jpg
大変に寒い日だったので、オウサマは良くても愚民どもは子供を残して段々と散り散りに。そんな中、空いた最前列に張りつき続ける脇の人と脇の人姉。おまいら、ほんとペンギン好きだな。

Uni_0654.jpg
おまけ:
帰りの国道4号線を、ウチの車と抜きつ抜かれつで走っていたトレーラー。ものすごいデカいタンクを前後ワイヤー2本だけで止めているわ、ナンバーは汚れていて(汚していて?)で読み取れないわで、超イヤゲ(苦笑)。
はい、「楽しい旅行記」で終わりたい奴は、ここで帰った帰った。
posted by ナナシ=ロボ at 22:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

映画「悪夢探偵」

B000PGTEHE悪夢探偵
松田龍平 hitomi 安藤政信
ハピネット 2007-06-22

by G-Tools


評価せず。というより評価できず。

効果音に音量を合わせると台詞が聞き取れず、台詞に合わせると効果音がうるさ過ぎ。夜中にWOWOWで見てしまったので、やたらと音量を上げる訳にもいかず、相当部分の台詞が聞き取れなかった。拠って評価対象外。

ただ、今の時代、映画の収益とは、劇場収入のみならず、DVD、ペイTV放映権料、TV放映権料も含むはずだろう。その様な中で、「俺の映画は、音響設備も万全な映画館以外で見る客なんかどうでも良いんだもんね」と考えて作ってるとするなら、ちょっとエラくなり過ぎじゃねーか?>塚本晋也。
posted by ナナシ=ロボ at 02:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

コミック「変ゼミ」

logo_hen.gif

変態を科学するアブノーマルキャンパスコメディ。かわいい絵柄とは裏腹に、食事中の熟読は危険!!


あー、また、変態ネタ(苦笑)
どうも、キャラや設定の説明不足等が気になってイマイチ乗り切れなかったのですが、キャラの性格が判ってきた辺りから一気に面白くなって参りました。なにより作者の、色んな「変態」に対する許容と尊重の精神が心地よいです。

説明不足に関しては、「変態生理ゼミナール」という作品の続編という事情が有ったようです。まあ、だからといって全く別の雑誌での新連載なのに、当たり前の様に「続き」を書いてしまう是非は有るでしょうが(苦笑)

俺としては、かなりの賛辞を送りたいのですが、少々率直に過ぎる表現かと思いますので、一応、中に入れておこうかと。

一応「18禁」だす
posted by ナナシ=ロボ at 23:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

2ちゃんねる「婚約者が重度の変態だった」

婚約者が重度の変態だった

スレを立てた人である語り手やスレの住人の反応が、何だか懐かしい気分にさせてくれたので、拙blogの変態読者向けに紹介。あ、ネタはスカトロです、閲覧は自己責任で。語り手とその婚約者、若い二人に幸多からん事を。それが順応か妥協の末だとしても。

しょうがないよねぇ、だって、「治んない」んだもの(苦笑)
posted by ナナシ=ロボ at 22:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

映画「極限水域 ファースト・アフター・ゴッド」

B000N2H9AE極限水域 ファースト・アフター・ゴッド
ドミトリー・オルロフ ウラジミール・ゴスティウキン ニーナ・ルスナローヴァ
アートポート 2007-03-23

by G-Tools


ロシアの潜水艦モノというだけで、「水域」の入った漢字四文字邦題が付けられてしまった辺りで、もうパチモン、ダメダメ感満載だが予感は裏切られる事なく、やっぱりダメダメ(苦笑)。
パッケージ見ると戦闘シーン満載みたいだけど、そんな事も無いです。そりゃ、Me109も出てくるけどさあ…と書いてたら、Amazonでも画像が無い。どんだけマイナーやねん、これ。つー事で、パケはこれ。

4520634511667.jpg

ただ、「ソビエトの兵は敵と同時にソビエト政治局員とも戦わねばならない」つーのが描かれてるのが、ちょっと感動した。やはり、ソビエトは崩壊したのだな。

あと、一箇所、不思議な事が。
途中、フランス語で会話する所があるんですが、同時にロシア語音声が被るんですね。ベッピンさんが愛の囁き交わしても野太い男の声でボツボツと(笑)。確かに字幕を嫌う人は少なくなくて、ハリウッドではアッタマ悪いにーちゃん向けの映画には英語を話さない外国人を出さないなんつー話も読んだ事があるんですが、これだけ豪快な解決法は初めて見ました(笑)。映画「大統領のカウントダウン」でも、チェチェン・ゲリラがロシア語以外を話してたと思うんですが、こんな処理はしてなかったと思います。最近の低予算ロシア映画特有の問題なのかなー、ご存知の方が居たら教えて下さい…

……と少し、検索したら「[SAMPLE]ビデオながら見日記・極限水域 ファースト・アフター・ゴッド」で、全く同じ所で引っ掛かりを感じた方が。「製品版では、どーなのか」というmash1966さんの疑問の直接の回答にはならないけど、WOWOW放映版でも状況一緒でしたよ、とお報せ代わりに、リンク&T.B。
posted by ナナシ=ロボ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

映画「I am 日本人」

B000LXGTYMI am 日本人
森本クリスティーナ 森田健作 小野真弓
ギャガ・コミュニケーションズ 2007-03-02

by G-Tools


「ニッポン」を舞台としたファンタジー映画の佳作。





┏┫ ̄皿 ̄┣┓<この映画に現実の「日本」をベースにして文句を言う事は、「スターウォーズ・サーガ」で「フォースって何?」、「ロード・オブ・ザ・リング」三部作で「なんでエルフやゴブリンなんて生き物が居るの?」とツッコミを入れるのがヤボであるように、大変に無粋な行為であると思われます(笑)
posted by ナナシ=ロボ at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅学非才でございますが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。